3月公開予定の映画「チャーチル ヒトラーから世界を救った男」で描かれる英宰相の人間像について学ぶ一冊

1068viewssislersisler

このエントリーをはてなブックマークに追加
人間チャーチルからのメッセージ 不安な豊かさの時代に生きる私たちへ

 小学館スクウェア(本社:東京都千代田区)から発売された拙書「人間チャーチルからのメッセージ  不安な豊かさの時代に生きる私たちへ」を紹介します。
  ことし3月に日本で公開予定の映画「チャーチル ヒトラーから世界を救った男(原題Darkest Hour)」が現在、英国で公開されており、大きな反響を呼んでいます。映画はチャーチルが首相に就任した1940年5月10日から6月4日までの物語です。
 この映画で描かれる約4週間のチャーチルの活動は「リスク」「勇気」そのものであり、それはチャーチルが生涯にわたって実践した生き方です。
 チャーチル研究の第一人者リチャード・ラングワース氏は、この映画の中に政治家のステーツマンシップは何かが明確に映し出されていると話しています。チャーチルは力説します。「リスクを恐れずに生きなさい! 何が起こっても逃げないで立ち向かいなさい! そうすればすべてがうまくいくのです」
 また彼の政治信念だけでなく、長所と短所を併せ持つ20世紀の大宰相を描き出します。チャーチルの人物像を読者に伝えるのがこの本の趣旨です。
 契約・派遣社員の増加による貧富の格差が拡大し、老後の生活への不安が広がる日本社会。その時代に生きる私たちに、この本によって何らかの示唆に富んだ彼のメッセージを読者にことができれば望外の喜びです。
 本書は名言録や解説書ではありません。ましてや評伝でもありません。英国の「帝国戦争博物館」やドイツの「連邦公文書館」などが所蔵する48枚を掲載。その中にはチャーチルの貴重な写真数枚も含まれています。

 【拙書の編集でたいへんお世話になった小学館スクウェアの編集者からのメッセージ】「この本はチャーチルの単なる評伝ではなく、“その言動に学ぶこと多し”という視点から書かれた、たいへん親しみやすくて面白い内容で、また現在の世界情勢にも鑑みてとても参考になります」

【拙書から一部引用】
 ◎20世紀の名宰相は、スコールのようにさわやかな人物だった。昨日激怒した人物にきょう会っても、何事もなかったかのように自然に振る舞うことができた。ネチネチと過去の過ちをほじくり返す底意地が悪い人物では決してなかった。なによりも執念深い人間を嫌う一方、押しの強い、自分を持った人物でもあった。何ごとにも振り回されない強い性格を持っていた。・・・チャーチルは何事においても本心をさらけ出して見解を率直に述べ、相手にも同様の姿勢を期待した。中東から派遣されてきた若い准将がチャーチルに率直にお話していいかと尋ねたときにも、チャーチルは「もちろん。わたしにお世辞をいう必要もないし、必要以上に敬意を払う必要もありません」と答えている。・・・・。

 ◎人生を一刻も無為に過ごさなかったことも、チャーチルの性格に由来する。毎日を力いっぱい生き、どんなに取るに足らないことでも一心不乱に取り組んだ。ある時「一生懸命何かしている人は目的を持っているとみて間違いない」とモラン卿に語り、「わたしは引退したら直ぐに死にたい。……死ぬのは何とも思わない」と強調した。
 チャーチルは仕事中、自分にも部下にも厳しいノルマを課した。1940年5月10日に首相に就任してから2カ月間は、隔週末に自宅のチャートウェルに帰って休んだが、そのうち休みを取らなくなった。第2次世界大戦での欧州戦争が終わる1945年5月初旬まで、週平均120時間は働いた。一日に換算すれば約17時間にもなる。・・・・・。

【目次】
まえがき 
序 章 たとえ劣等生でも、優等生に生まれ変われます 
第1章 リスクを恐れぬ勇気を抱いて人生を歩いていきなさい
第2章 自らの羅針盤を信じ行動を起こしなさい
第3章 良心の盾を持たずに人生を歩むことほど、軽率なことはない
第4章 批判や逆境・失敗を恐れてはなりません
第5章 理想を抱く現実主義者たれ!
第6章 自由を尊重する民主主義者であれ
第7章 高い理想と細心の配慮をもってリーダーシップを発揮せよ
第8章 長続きする趣味を見つけなさい
チャーチル年表
◎史料・参考文献
あとがき
◎主要人名索引
 ※そのほかに「政治家として挫折、40歳にして再び戦場へ」や「ニューヨークの交通事故での彼の行動」などエピソード7つも記されています。

アマゾン(goo.gl/GP6XZi)やそのほかのネット書店、丸善丸の内店や紀伊國屋新宿書店など全国の主要な書店で購入できます。

【書籍の概要】
出版社   :小学館スクウェア
タイトル  : 人間チャーチルからのメッセージ 不安な豊かさの時代に生きる私たちへ
著者    : 松本正
価格    : 1,512円(税込み)
発売日   : 2017年12月5日 
ページ数  : 単行本216ページ

感想

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く