勝ちたいんなら身を削れ、心を削れ。バレーに己の全てを懸けた少年の物語

1179views幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社

このエントリーをはてなブックマークに追加
アタックライン

「バレーなんてネットを挟んだケンカだ。引くな。引いたら負ける」
一見乱暴なその言葉が、その実彼の経験に裏打ちされた
揺るぎのない真摯な姿勢なのだと、仲間はよく知っている。

些細なことから”乱暴者”のレッテルを貼られた主人公・京輔。
友達も出来ず、感情の吐き出し方も知らず、
ただ孤独なだけの小学校生活を終えて中学生になった京輔は、
「強くなりたい」その一心で鬼監督率いる強豪バレー部の門を叩く。

文字通り血の滲むような練習を繰り返し、めきめきと頭角を現していった京輔は
いつしか他校部員から一目置かれ、全日本ジュニア代表監督の目にも留まるほどの
存在となっていた。

やがて京輔は、中学バレー部で確固たる信頼関係を築いた堤や
各チームの監督から高い評価を得ていた同期である福原・横瀬とともに
地元の公立・町田北高校に進学し、
新たな指導者・高沢のもとで一心不乱にバレーに打ち込む毎日を送る。

必死の形相でボールを追うその視線の先で、
彼は静かにこれまで歩んできた道、そしてこれからの自身の在り方を見据えていく―――

バレーを通じて、
少年の心、そして人生が大きく揺れ動く様子を緻密に描いた
バレーボールファンに捧げる痛快青春小説。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く