アンチエイジングには結局、糖質オフ

574viewscocotomitcocotomit

このエントリーをはてなブックマークに追加
白澤教授の 働く男の外食術 ―太らない・疲れない・アンチエイジング―

◆序章 アンチエイジングに効く男の栄養学
・糖質オフのすすめ
低GI
玄米、全粒粉、そば、ライ麦パン
サツマイモ、トマト、ブロッコリー、ホウレンソウ、アボカド
いちご、りんご、
牛乳、ヨーグルト、ココア、ゼリー、オリーブオイル、酢

◆annex 心と体のアンチエイジング
心の老化を防ぐ方法
トリプトファンを含むものを食べる
セロトニン不足がうつ病に
セロトニンの原料になるのがトリプトファン
乳製品、ナッツ、バナナ、のり、アボカド、大豆製品

トリプトファンの合成に必要なのはビタミンB6、ミネラル
大豆製品、玄米、青魚、しらす、貝類、たらこ、コーヒー

脳の老化に効く食品
いちご、小松菜、かぼちゃ、アボカド、しょうが、鮭、青魚、オリーブオイル、赤ワイン

感想

心のアンチエイジングという観点をもっていなかったので、大切にしようと思います

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く