一流の著者による疲労を溜めない法、疲労回復法伝授

631viewscocotomitcocotomit

このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか

◆1 疲労はこびりつく前に落とせばいい
7 若い頃の自分を追い求めてはいけない
年齢を重ねても第一線で活躍するためにはビジネスアスリート流「眠、食、ストレス」との付き合い方が重要

・疲れには3つの種類がある
肉体的、精神的、神経的のうち自分の疲れがどこからきているのか見極めよう

・疲れはゼロにはできないが今の1/100にできる
疲れの正体を知り対処法を習得すれば今の疲れを少なくできる

・一流の人は自分がなぜ疲れるのか知り疲れる前に休息
一日の時間を3区切りして戦略的休息

◆2 一流の人は眠り方を知っている
11 眠くなくても昼寝せよ

  • 眠らない昼寝でもかまわないと割り切る カラダを横たえるだけで充分
  • 眠る時間は30分以内
  • 午後三時までに実行
  • 徹底的にカラダを休める
  • 目が冷めたら脳に刺激 洗顔など

13 たった100円で安眠を手に入れる
ホットミルク
牛乳には快眠に効果のあるビタミンBが含まれる
トリプトファンはセロトニンを創り出す
セロトニンは精神を安定させる
牛乳には胃の年末を保護する効果

・眠れないは寝る前の行動で改善
夜のシャワーや明るい蛍光灯などでの脳への刺激を与えない

・朝一行動をきめておくだけで起きられないがなくなる ご褒美など

・徹夜仕事を回避できないとき翌日と1セットと考える

◆3 できるビジネスパーソンは肉食
17 残業はデスクでおにぎりはやめなさい
ストレスもタンパク質に関係
ストレスを受けただけでタンパク質をどんどん消耗
タンパク質不足は筋肉から、融通してしまう
肉は疲労回復に効果、アンチエイジング、体力増強、精神・脳の安定

19 肉食でストレスを溜めないひとになる
脳の疲れを予納するためのアミノ酸
ビジネスパーソンはモチベーションが高く周囲とコミュニケーションを取りつつ高いパフォーマンスを出すために不可欠
アミノ酸のうち9種類は体内で合成できず食事で摂取=必須アミノ酸
必須アミノ酸を多く摂取できるのが肉

22 一日何食食べるのが正解?
噛むことが脳の活性化

・朝食を食べるだkで午前の集中力は格段にアップ

・肉を食べないから疲れている

・見るのはカロリー表示でなく裏の栄養表示

◆4 ストレスは消すのはなくコントロール
28 一流の人はストレスを溜めない(時間軸を長く)、もらわない、与えない

30 ストレスは消すのではなくバネにする
ちょっと頑張るぐらいの適度なストレスが人を強くする
今すぐ行動

31 ガムを20分噛めば仕事の効率は2倍
噛むことはカラダと心のストレスを解消
20分以上噛むほうが効果的
噛むことで短期記憶の能力向上

・ストレスを溜めがちな人は時間軸を変えてみる

・先送り先延ばしぐせが却ってストレスの原因となる

・ガムを噛むこと、机を掃除することで脳をリセット

◆5 疲れを翌日に持ち越さないたったひとつの習慣
・カラダ手帳を使えば自分の疲れを見える化

・うんちチェックは誰でもできる簡単な健康診断

・健康診断や人間ドックの結果に惑わされない

感想

ガムにストレス解消効果があると聞いてうれしくなりました

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く