口癖を変えて若返る術

893viewscocotomitcocotomit

このエントリーをはてなブックマークに追加
人は“口ぐせ”から老化する

◆老けない人のよい循環
言葉、口癖が代わり→意識が変わる。脳が生き生きする→行動が変わる ※成長ホルモン サイトカイン10分泌→体が若返る

◆1 老けない人の口癖の秘密
・なぜまだ若いという人は本当に若いのか

信念→行動→成長ホルモン ※サイトカイン10→新陳代謝が盛んになり体が若返る

・脳は信じたことを実現するため物質を作る

・思っていること=口にしていること

・気づいたら続けているすごい健康法
楽しいことを想像するだけで体にプラスの変化が起こる

・理想の自分にみちびいてくれる神経系RAS

・そうはいってもを卒業するコツ
自分で考えたプラスの言葉が最も効果が高い

・快の状態に自分をおく習慣

◆2 アンチエイジングの常識は間違いだらけ
最新の生命科学が明かす老化の思い込み
「歳を重ねる=老化する」ではない

・人生のピークは80-85歳
80歳現役の定義は異性をみてときめくこと

・人生百年時代の食の新常識
・食事だけではまったく栄養素が足りない
サプリメント

◆3 老化時計を止めるサイトカイン10が満ちる生き方
・毎日1秒2歩のペースで歩く、胸囲の効果
人生は歩いている時に作られる

・意識して快の時間を作ろう

・成長ホルモンサイトカイン10は何歳でも分泌
歩くことの最大の効果はサイトカイン10が分泌される

・世の中には成長を続ける人と老化する人しかいない
衰退ホルモンサイトカイン6とサイトカイン10の関係

・バランス感覚と動体視力を養う運動が大切
エクササイズは基本1人でやること
自転車

◆4 体が1番喜ぶ食べ方の新常識
・脂肪を燃やしてケトン体が出る好循環を生む
肝臓で作られるケトン体。ケトン体は満腹中枢を刺激するため空腹が起きない

・正しいサプリメントの知識が不可欠な時代
抗酸化ビタミンACE 三種合わせて飲む

・免疫力の低下を防ぐ生活習慣
身をもって証明したビタミンEの効果

サプリメントと運動は車の両輪

◆5 この刺激で脳はいつまでも成長を続ける
・老けない脳はこうして作られる
やみくもなプラス思考では効果が薄い

・忘れ上手は生き方上手
人生には忘れたほうがいいことがたくさんある

・健康だといい死に方ができる

・人生の戦略プランをもとう

感想

佐藤博士は口癖理論の方です。たくさん著書を読みましたが、結局、信じる者は救われると思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く