芥川龍之介の名作になぞらえて

275viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
芥川症 (新潮文庫)

病院の中
父が永眠した。医師たちの説明は専門用語ばかりで小難しく、分からない。色々な部署を聞き回るうちに、、
他生門
下村人志は、うだつの上がらない独身38歳。一生華やかな世界とは無縁かと思いきや、心難病の心臓病を患い、大々的な心臓移植を行った事で、人生が180度変わってしまう。が、本人は心臓が変わっただけで、あたりまえだが、本質は変わらないので、最終的には、、

作家の神尾は、処女作で、シュールホラー大賞を受賞し、大々的なデビューを果たした。しかし、次作のアイデアが思いつかず悶々とした日々を送っていたある日、彼の理想の耳を持った女性に出会う。
クモの意図
看護師の神田多恵は、殺生をしないをポリシーとしている。そう、クモの糸のカンダタのように。
極楽変
開業医の私のもとに、ある日、時間外の診療時間に足を腫らせた高熱の患者が滑り込んできた。彼は、芸術家だという。
バナナ粥
ケアマネジャーの阪本直子は、脳出血で右半身の不全麻痺となった父を自宅で介護を行う43歳の息子宅へと訪問する事となった。困難症例と言われて、我が身の実力発揮の時と俄然やる気で向かう。
或利口の一生
ある医師の一生。

感想

ブラックユーモアー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く