クリスマス・シーズンにチャレンジしよう! ピアノ・ソロ その2

384viewsちぃぱっぱちぃぱっぱ

このエントリーをはてなブックマークに追加
よくばりアレンジで弾くピアノソロ クリスマスコンサート[スコア&CD] 改訂版 編曲:上田浩司 (よくばりアレンジで弾くピアノ・ソロ)

全体の内容とレベル

メドレー1曲を含む全11曲を収録。付属CDだけでも十分楽しめる。ツェルニー40番終了程度(中上級)。

1.【ゴスペル風】ジョイフル・ジョイフル(Lv.19/中上級)

  • 22小節。変ニ長調。4/4と2/4の変拍子。
  • 18小節目のアルペジオは左手1音+右2音で取ると良い。

2.【ベーシック~ボサノヴァ~ジャズ】主よ、人の望みの喜びよ(Lv.21/上級)

  • 132小節(リピート有)。ト長調。9/8拍子→2/2拍子→4/4拍子。
  • 1-23小節は、マイラ=ヘス版。
  • 120小節目、右手に6連符+6連符+9連符あり。9連符下の左手は、後ろ3音とD音を合わせる。

3.【クラシカル】星に願いを(Lv.20/中上級)

  • 35小節(リピート有)。ヘ長調。4/4拍子。
  • 左手2声を美しく弾くならばこの難易度。

4.【R&B】ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)(Lv.18/中級)

  • 47小節(リピート有)。ト長調。6/8拍子。
  • 左手の2声のリズム・パターンに癖があるものの、全体的には弾きやすい。

5.【R&B】アメージング・グレース(Lv.20/中上級)

  • 48小節(リピート有)。スウィング。ホ長調。
  • 3/4拍子で書かれてはいるが、9/8拍子のような雰囲気。
  • 44小節目のアルペジオは、左3音+右4音+左4音+右4音で取ると良い。

6.【クラシカル】パッヘルベルのカノン(Lv.20/中上級)

  • 93小節。ハ長調。4/4拍子。
  • 学習者は、3度の重音など、ちょっとした指練習が必要かも。

7.【バラード】ウィンター・ソング(雪のクリスマス)(Lv.22/上級)

  • 61小節。ホ長調。4/4拍子
  • この曲集の中で一番の弾きごたえ+聴きごたえがある曲。
  • 60小節目のアルペジオは、右手から4音ずつ(B・E・F♯・G♯)左右交互奏をしていく

8.【オルゴール】ラスト・クリスマス(Lv.13/初中級)

  • 47小節(リピート有)。ホ長調。4/4拍子。
  • 短前打音は鋭すぎず、やわらかく。

9.クリスマス・パーティー・メドレー(Lv.21/中上級)

  • 151小節(リピート有)。4/4拍子→3/4拍子→4/4拍子
  • ト長調→ハ長調→ニ長調→ヘ長調→ト長調→ハ長調→ニ長調
  • サンタが街にやってくる→赤鼻のトナカイ→諸人こぞりて→ひいらぎかざろう→もみの木→ジングル・ベル→ママがサンタにキッスした→ウィ・ウィッシュ・ユー・ア・メリー・クリスマス
  • 黒鍵の短前打音は、2指でとったほうが弾きやすかったりする。お試しあれ

10.【ジャズ&バラード】ホワイト・クリスマス(Lv.22/上級)

  • 33小節(リピート有)。ト長調。4/4と2/4の変拍子。
  • 煙草をくゆらせるような雰囲気を出せるかどうかがカギ。

11.【オルゴール】きよしこの夜(Lv.12/初中級)

  • 32小節。ト長調。6/8と3/8の変拍子。
  • 音色の出し方などは要研究だが、この曲集の中では一番弾きやすい。
  • 感想

    ツェルニー40番(Lv.13~21)学習者でもレベル的には取り組める範囲だが、運指が全く書かれていないため、(楽に取り組みたいならば…)やはりツェルニー40番修了程度の経験が妥当だろう。3声や4声のアレンジ作品もあるが、『輝く夜に奏でたい 聖夜の名曲』ほどポリフォニックな動きは要求されない。
    お手本CDがあることと、曲の途中で転調することがない(メドレーを除く)ので、取り組みやすさがある。また、『よくばりアレンジ』とあるように、全体的な演奏効果も高い。小節番号は書かれていない。
    注:演奏の難易度(Lv.)は個人的主観によるもの。導入(Lv.1~3)、初級(Lv.4~10)、中級(Lv.11~20)、上級(Lv.21~30)。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く