脳科学者のお勧めする朝時間

961viewscocotomitcocotomit

このエントリーをはてなブックマークに追加
脳を最高に活かせる人の朝時間 頭も心もポジティブに

◆1 朝こそ脳が喜ぶことをやりなさい

2 目覚めから3時間は脳活のゴールデンタイム

ビジネスで成功を収めている人はこのゴールデンタイムをうまく活用している。

4 快適な朝にする快感報酬システム
脳に快感を与える習慣を積極的に取り入れる
→常に好奇心旺盛にすること
→ドーパミンが分泌

7 快楽というご褒美を毎朝用意

うれしい、おいしい、楽しい、面白いは脳をフレキシブルに活動させる

8 朝一番に太陽の光を浴びて脳を覚醒
太陽の光を朝一番に浴びることで脳を覚醒させるホルモン「セロトニン」の分泌が活性化され心身のバランスが鍛えられる。

12 普段とは違うアウェイに身を置いてみる

居心地のいいホームでばかり活動をしていると脳の活動パターンもマンネリ化する。

◆3 自分を変える幸せを引き寄せるポジティブ脳のすすめ

22 毎朝、目標を具体的にアウトプット
朝起きたら、声に出して目標などをアウトプット。
具体的なイメージが受けべばそれを実現する行動も具体化。

24 小さな達成感を味わう時差通勤のすすめ

25 根拠のない自信は前向きに生きる切り札
誰もがチャレンジを好みますから、不確実な不安要素と向き合っても根拠のない自信をもって大丈夫なんだと自分の背中を押してあげることが大切

26 信じ込みがメンタルに与える絶大な効力
私たちの脳はたとえ間違った情報でもそれが正しいと信じ込むことで心も身体にも変化をもたらす

28 超きもちいいポジティブワードのシャワー浴
網は放っておくとネガティブな方向に進む。

◆4 けだるい朝が一気に変わる、脳科学的快眠管理術

◆5 悩みや不安に負けない 朝型脳をつくるヒント

45 脳のオンオフを意識的にチェンジ
・グーグルの20%ルール
→自分のやりたいことに2割割き、8割は本業。

47 カレーはストレスや疲労抑制の効果大

◆6 脳の長所をとことん生かす 朝時間マネジメント

50 限定時間が変わる「時間コスト感覚」磨き

感想

朝を有効活用して、ますますパワフル、ポジティブに生きたいと思いました。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く