神様に好かれる宇宙の法則

735viewscocotomitcocotomit

このエントリーをはてなブックマークに追加
神さまに好かれる話―悩みを解消する法則

<1>宇宙の法則を使いこなす
◆う・に・のの法則
恨まない・憎まない・呪わない

◆宇宙の法則を味方につける
・ありがとうには神が宿る

・言葉が先、現象が後

・ありがとうは打出の小槌

◆神は二人羽織のようについている
・淡々と生きる

・呼吸ができるだけで幸せ
→淡々と何事もなくときが過ぎていくのが幸せ

◆淡々と過ぎていく今、この瞬間が幸せの本質
・今のはナシ、ナシ

・不平不満を言ってしまったら、10秒以内に「今のはナシ。間違いです」と取り消した場合、ゼロにリセットされず、ありがとうが積算。

◆潜在意識を引出すキーワード
「そうならなくてもいい」

・念ずる方法というのは、まず0ライン=そうならなくていい

◆出るのが先、入るのは後
・得するお金の使い方
→自分のわがままにではなく、喜ばるようお金を使う

・私たちはエネルギーを通すための管。お金はエネルギーの一部ですが、管のなかにごみが溜まると通らなくなる。

・なぜトイレ掃除をすると運がよくなるのか
→トイレ掃除をやっている人はきれいさの範囲が広がっていって、きれいなものが好きになっていき自分もきれいな生き方になり、周りからステキといわれるようになる。

・金の法則は「出」を制すれば勝手に入ってくる

<2>人生の味方をつくる
◆すべてを味方、すべてが味方
・頑張らない、闘わない、競わない

◆薄味になると人は集まる
・いい仲間の法則
→その人が自己主張を色濃く出さないと、薄まれば面白い人が集まってくる

◆運命とは人が運んでくるもの
・目の前の人を大切に
→運の悪い人は目の前の運(人)を見過ごしている

→運命は人によって運ばれてくるもの

◆スリランカの悪魔祓い
いつもの三条件
・いつも考えていなさい
・いつも良い友達を持っていなさい
・いつも実践しなさい

<3>人に喜ばれる存在になる
◆人生におけるテーマを持つ
・神様はみている
→喜ばれる存在になることを自分の方向にする。それがテーマ。

・人が見ていなくても仏様は見ている

◆人間の機能を考える
・生まれてきた意味
→人間の機能とは喜ばれた数だけ存在

◆目標は100ではなく99%
→私たちの人生の目的は喜ばれる存在になること。その3つの段階

1 33%までの成長段階
→不平不満をいわない

2 66%までの成長段階
→半分でも残っていてうれしいと捉える

3 99%までの成長段階
→同じ現象に感謝

◆今目の前にいる人、目の前にあることが重要
・人生はドミノ倒し

・何気ないと思っていた出来事の積み重ねが今の自分が存在

・人生で最も大切なのは今目の前にいる人

◆頼まれたことは力を抜いて気を抜いて
・お金はいらないは傲慢

・人生はたのまれごとをやっていくだけ

<4>人生を楽に楽しく味わう
◆正しい人から楽しい人へ
・ネバネバした人

・水のように自由に生きる

◆究極の三人格とは
・無敵な人
1 究極の欲深になること
自分のためにありがとうを言い続け、トイレ掃除をするようによい

2 究極の怠け者になる
・怠け者になると腹が立たない

・心の扇を広げる生き方

3 ボート部に入る
・相手を受け入れることができれば問題消滅
→心の扇を広げること

◆誰にも迷惑をかけない
・実践的に生きる
→私たちができるのは自分が笑顔になること、太陽になること

◆そこから先は神の領域
・一番ラクな生き方

・うたし(うれしい・楽しい・幸せ)な人

・きれいな人

・率直な人

・謙虚な人

・誠実な人

感想

不平不満をつい言ってしまったとき、「今のはなし」と取り消しをする技を実践しています。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く