社会との調和を考える

178viewscocotomitcocotomit

このエントリーをはてなブックマークに追加
幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

◆アドラー心理学の目標
1 自立する
2 社会と調和して暮らせる

◆心理面の目標
1 私には能力があるという意識
2 人々は私の仲間である

◆尊敬とは
人間の姿をありのままに見て、その人が唯一無二の存在であることを知る能力

・勇気は伝染。尊敬も伝染。

◆信頼の能動性
・先に信じること

・人と人は永遠に分かり合えない

・愛される技術から愛する技術へ

◆自己中心からの脱却
・私から私達へ

・自立とは私からの脱却

・兄弟
第一子・・・過去の崇拝者。保守的な未来について悲観的なライフスタイル

第二子・・・革命思考

◆愛の対象
・運命の人はいない

・愛は決断

・運は自らの手で作り出せる

・ライフスタイル再選択

・シンプルであり続ける

感想

運命の人はいない、また、第一子、第二子のそもそもの考え方など、納得してしまいました。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く