【著者 豊田真彰 まとめ】親の上手な「促し方」が必要な理由

1568viewstomy2tomy2

このエントリーをはてなブックマークに追加
わが子の「自ら学習するくせ」を育てる  親の上手な「促し方」 (DOBOOKS)

この本で一番大切なこと

私の塾や小中学校での講師経験、我が家での実体験から子供たちに
とても良い効果があった実例や方法をご紹介しています。
小学校入学前のお子さんにお勧めです!

・親の上手な「促し方」ができればお子さんは想像を超えて伸びます。
・教える教育より促す教育は効果が断然違います。
・幼児・小学生は親をよく観察しています。

本書の内容紹介

「自分から宿題をしてほしい」
「苦手科目をなくしたい」
「将来、自分で考える大人になってほしい」
暗記や試験勉強では、「学習する習慣」は身につかない――
学校では教えてくれない「わが子」に向いている学力・考える力の伸ばし方

「教える」から「促す」教育がやってきた!
親だからできる子どもの学習意欲を伸ばす
日常生活の「声かけ・環境づくり・学力の土台づくり」
・「勉強」ではなく「学習・学び」と言い換える
・理論派or実践派の子の促し方
・音読が学力を一気に上げる
・「聞き上手」が子どもを変える
・夏休みの上手な過ごし方
・正しい金銭感覚の身につけ方… etc
2020年大学入試改革のために、自分の力で将来を築いていける子になるために、
今、家庭でできること、無理なくできること満載。

著者

豊田真彰(とよだ まさあき)
魅錬義塾 代表 塾長
生涯学習上級コーディネーター、FP、起業教育コンサルタント

大手食品会社にて新人研修の講師として約10 年、広告代理店にて人材教育の管理職として約5年勤務、その後、自身の娘の誕生を機に独立起業。

公立小学校での出張講師、授業企画の作成、授業支援、親御さんとの教育相談に携わりながら、小学生のための検定試験専門塾を運営。

子どもたちには「自分のやりたいことに気づく」を、
ご家庭には「子どもを応援しながら親も+1ステップ成長する」ことをゴールとする。
小学生の「身近な目標づくり」とそのご家庭を応援することをモットーとしている。
子ども自身や親も気づかない子どもの強みに気づかせることを得意としており、
「真摯に寄り添う」ことが強味。

特に他塾や小中学校ではやらない心理カードゲーム人狼教室は大好評で、
小学校への出張教室も年々増加している。

魅錬義塾ホームページ:http://www.mirengijuku.com/

魅錬義塾Facebookページ:https://www.facebook.com/mirengijuku/

ブログ(アメブロ版)
・魅錬義塾ブログ:https://ameblo.jp/mirengijuku/
・東京ジブリ水槽 ~ ジブリ大好き小学生のビオトープ水槽観察ブログ~
 娘の教材として作った行動観察水槽:https://ameblo.jp/god-tomy/

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く