鶴屋南北「東海道中四谷怪談」

366viewspurinpurin

このエントリーをはてなブックマークに追加
東海道四谷怪談 (くもんのまんが古典文学館)

「忠臣蔵」の裏の世界に生きた完全なる悪人の物語

伊右衛門は塩冶家に仕えていたが、主君が城内で高師直に斬りつけたことでお家は取り潰し、浪人となっている。残された家臣たちが仇討ち(これが忠臣蔵の赤穂浪士)のために暗躍する中、伊右衛門は参加することを拒んだ不忠義者。そのため同じく塩冶家に仕えていた四谷左門は、娘のお岩が伊右衛門に嫁いでいるのを呼び戻し、夫に会わせないでいた。ある夜、伊右衛門は左門に過去の罪(公金横領)を咎められ、口封じに殺害する。ちょうどその頃、同じ場所で直助という小者が、惚れた女・お袖の夫の与茂七を邪魔に思って殺していた。現場で行きあった伊右衛門と直助は旧知の間柄。また、お岩とお袖は姉妹である。父と夫を捜してやってきた姉妹は、それぞれの死体を見て嘆き悲しむ。そこに示し合わせて出てきた伊右衛門と直助。「必ず敵を討ってやる」と何も知らぬ女二人に約束する。仇討ちのためにお岩は再び伊右衛門と、お袖は「床は別だが仮の夫婦」として直助と暮らす段取りになった。

しばらくして、お岩は出産。産後の肥立ちが悪く病気がちの妻と、貧しい生活がうっとうしくなった伊右衛門に、隣家の伊藤家から「孫娘のお梅がお前に惚れている。お岩と別れてほしい」と誘いがかかる。伊藤家は高師直の臣下、伊右衛門は高家への推薦状と裕福な伊藤家に心を動かされる。しかもお梅の祖父・喜兵衛は孫娘の望みを叶えたさに、お岩に顔が醜く変わる毒薬を届けたという。それを聞いて腹を固め、伊右衛門はお梅と祝言の約束をする。

家に帰れば薬が効いて形相の変わったお岩。按摩師の宅悦から伊藤家と夫のたくらみ、お梅との再婚を聞いて嫉妬に狂ったお岩は、宅悦ともみ合ううちに下男・小平の短刀が首に当たって絶命してしまう。小平は伊右衛門秘蔵の薬を盗んだかどで縛られていたところ。伊右衛門はこれ幸いと小平を切り、お岩と裏表に戸板に打ち付け皮に流した。その夜はそのままお梅と祝言。床入りをしようとしたその時、お梅の顔がお岩に変わる。即座に首を切ってみれば、なんとお岩に見えたのはお梅の首。喜兵衛を呼ぶと今度は小平の顔、慌てて打ち落とすと喜兵衛の首に相違いない。隣家の主を殺した上は、この地におれぬと逃げ出す伊右衛門だった。

一方、お岩の妹・お袖は権兵衛と名を替えた直助と清い関係のまま暮らしていた。ある日、鰻を取りに行った直助が櫛を拾ってくる。その櫛はお岩の物、不吉な予感にさいなまれるお袖の元に、来合わせた宅悦がお岩の最期を言って聞かせる。それでは伊右衛門も姉の敵、ここは死んだ夫への操を捨てて直助の本当の妻となり、男の力を頼りに仇討ちをするしかないとお袖は直助に肌を許す。

しかし、死んだと思った夫の与茂七が現れた。直助は自分が殺した相手は人違いであり、しかも自分の主であったと知る。誤解とはいえ夫への貞節を破ったお袖は、身を恥じてわざと二人の男に刺される。死の間際にお岩とは義理の姉妹であったことを告白し、実の親の形見を兄に届けてほしいと願うお袖。その形見の品を見て直助はびっくり、知らずに抱いたのは実の姉、畜生に身を落とした自分も生きてはおれぬと自害する。

さて伊右衛門は、始終お岩の亡霊に悩まされ続けていた。そこへお袖の願いを叶えるためにやってきた与茂七。対決の後、伊右衛門はとうとう討ち取られる。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く