武者小路実篤「友情」

215viewspurinpurin

このエントリーをはてなブックマークに追加
友情 (講談社文庫)

幼稚で熱烈な恋情と一途な友情の物語

野島と大宮は親友であった。野島は駆け出しの脚本家であり、大宮は既に世に認められはじめた小説家であった。

あるとき、野島は仲田という友人の妹で杉子という名前の少女を見初める。杉子は美しい女性であり、野島は彼女に夢中になっていく。一方、野島から杉子への想いを聞かされた大宮は、密かに思い悩むことになる。彼もまた杉子に好意を寄せていたからだ。しかも、先に杉子に好意を抱いたのは、むしろ、大宮のほうであった。しかし、大宮は決断する。親友の幸福のため、自分はこの恋愛から身を引こう、と。

ところが当の杉子が敬愛したのは、野島ではなく大宮の方であった。彼女にとって、自分勝手な理想の女性像を押し付けてくる野島は、ただ煩わしいだけの存在であった。彼女が選んだのは、野島のために彼女に対して敢えて冷淡な態度をとり続ける大宮だったのである。

大宮が杉子に対して冷淡であったのは、彼女の気持ちをうすうすは感じていたからであった。友人・知人が集まって皆で卓球をした際も、他の男たちがそろって杉子の腕前を大げさに賞賛する中、大宮だけは全力で杉子を打ち負かしてしまう。また、友人思いの大宮は、杉子の愛情が野島に向くように尽力する。杉子に野島の美点を教え、言葉を尽くして野島を愛するように勧めたのであった。

やがて、大宮はヨーロッパへと旅立つ。杉子の想いを振り切るためであり、また、自身の杉子への想いを断ち切るためでもある。そして、これによって野島が杉子と結ばれることになればよいと願うのであった。大宮に背中を押された野島は、思い切って杉子に結婚を申し込む。が、杉子がこの申し入れを受けることはなかった。彼女は一途に大宮だけを想い続けていたのである。

その後、唐突に杉子の渡欧が決まる。もはや杉子が野島を愛する見込みのないことを知った大宮が、ついに杉子の愛情を受け入れたのである。2人はヨーロッパで結ばれる。そして、野島がそれを知ったのは、大宮から送られてきた一冊の同人誌によってであった。そこには、大宮と杉子とが取り交わした書簡から成る小説が掲載されていた。

冒頭の引用は、ヨーロッパの大宮が杉子に出した手紙である。野島が杉子と結ばれないのは自分のせいではない。自分はできる限りの協力をした。それでも駄目なのは野島自身の問題だ。だが、もしも自分と結ばれないことで杉子が不幸を感じるとしたら、それは明らかに自分のせいだ―大宮はそう考えたのであった。

一方、真相を知って親友との決別を決意した野島が泣きながら日記に書き付けたのは、次のような言葉であった。

「自分は淋しさをやっとたえて来た。今後なお耐えなければならないのか。全く一人で。神よ助け給え」。

友情 (講談社文庫)

友情 (講談社文庫)

  • 武者小路 実篤

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く