こどもと薬のQ&A

342viewstamatama

このエントリーをはてなブックマークに追加
現場の困った! をエキスパートが解決 こどもと薬のQ&A

小児薬物療法研究会が日々の疑問に答えます

2013年3月より開始された小児薬物療法研究会ML(メーリングリスト)では、日常業務での疑問や困ったことをMLに書き込むと、会員から迅速に回答が得られます。MLに登録している会員は小児病院、公立病院、大学病院、薬局など規模も特徴も様々なので、いろいろな視点から回答が寄せられ、自施設に合った解決方法を見つけることができます。

小児薬物療法研究会MLの内容がこの一冊に!

本書では、小児薬物療法研究会MLに寄せられた疑問・質問を厳選し、回答はエビデンスを再確認して収載しました。また、質問の背景となる疾病などの解説やコラムを加え、分かりやすくなっています。このほかMLでは寄せられないけれど知っておいて欲しい知識については編集委員でQを作成し、回答は実例を集めて紹介、解説しています。本書で得た情報でたくさんの子どもたちに安全な医療をご提供ください。

本書を読む前に知っておきたいこと

粉薬の飲み方

原則として、お薬はそのまま水、もしくはぬるま湯と一緒に飲ませましょう。
~赤ちゃんや小さな子供の場合~
ごく少量の水で練り(ペースト状の硬さに)、これを赤ちゃんの上あごやほおの内側につけ、最後に水やミルクなどを飲ませて、お薬を流しこんで下さい。
少量の水・少量の食べ物で溶かしてください。飲みきれなかったり、食べ残したらお薬も飲みきれない事になってしまいます。飲む直前に溶かし、溶かしたら速やかに飲ませてください。 時間が経つと味が変化したり、お薬の効き目が落ちてしまうことがあります。
~好きなものに混ぜて飲ませる場合~
そのまま飲んでくれない子供には、好きなものに混ぜて飲ませると簡単です。特にアイスクリームやプリン、チョコレートなど味が濃くて冷たいものや甘いものはたいていの子どもは好きなようです。でも、混ぜてはいけないもの・混ぜると逆に苦味が増してしまうものもあるので注意!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く