ミクロで切実な人間関係は守備範囲外

227viewsslainteslainte

このエントリーをはてなブックマークに追加
上司は思いつきでものを言う (集英社新書)

これは橋本治の書いた本として読めば裏切られる部分は少ないと思う。
つまり橋本治をある程度読んだひとが、
氏の思いつきと称するそれでいておもろい思考を追体験する本として読む。
思考の起点とするのも良い。
橋本治の本とはそういう性格のものが多いです。
氏の本を読んだことのあるひとならば
ミクロで切実な人間関係に解決策を与えるような議論ではないと思って本書を読む。
そうすると、楽しく読めちゃう。
本書の議論の着想のおもしろさを味わう。厳密に受けとり過ぎない方が良いです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く