夏目漱石「三四郎」

295viewspurinpurin

このエントリーをはてなブックマークに追加
三四郎 (岩波文庫) [kindle版]

田舎出の青年が見た都会の「迷羊」たち

小川三四郎は福岡出身で23歳。長身で色が黒い。既に父親はなく、熊本の旧制第五高等学校を卒業した後に上京して帝大生となった。
その上京の途上、三四郎は汽車に乗り合わせた女性と思いがけず同宿するはめになる。見知らぬ女性と同じ部屋で寝ることになったわけだが、三四郎は女性に手を出すことができず、翌朝の別れ際、同宿した女性から「あなたはよっぽど度胸のないかたですね」と評されることになる。

東京に出た三四郎はすべてのものに圧倒される。見るもの聞くものすべてが驚きの種であった。電車がチンチンと鳴る。人の動きが激しい。この東京と郷里の熊本が同じ現実世界にあるとは思えなかった。

三四郎の周囲には、同郷の先輩で物理学者の野々宮宗八、新たに友人になった佐々木与次郎、高等学校の英語教師で悠然と「日本は亡びる」と言ってのける独身主義者の広田先生、そして「謎の女」の里見美爾子などが登場する。三四郎には、母の持つ懐かしい故郷という世界、大学を中心とした学問の世界、更には燦然と輝く都会の社会や恋愛の世界という、3つの世界が開かれた。そして、この3つの世界の狭間にあって、三四郎は自身の行くべき道に惑うのであった。

三四郎は、ある日、広田先生・野々宮・佐々木・美爾子と連れ立って菊細工を見に行くが、皆からはぐれた機会に美爾子は三四郎に「迷羊(ストレイシープ)」という言葉を教える。美爾子はその言葉を口の中で繰り返したが、それは三四郎にとっては謎の言葉であった。そして、彼女のそうした謎めいたところに、三四郎は惹かれていくのであった。

その美爾子は広田先生の友人の原口という画家の絵のモデルをしていたが、その絵の完成が間近になった頃、彼女は結婚を決意する。相手は親しくしていた野々宮ではなく、彼女の兄の友人の「立派な人」であった。美爾子に対して積極的な行動をとることのできなかった三四郎は、当然のことながら、彼女を手に入れることはできなかった。

美爾子の肖像画が出品された展示会場で「森の女」と題されたその絵を前に、三四郎は「迷羊、迷羊」と繰り返し呟くのであった。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く