親が読む本

346viewsくまくまくまくま

このエントリーをはてなブックマークに追加
算数嫌いな子が好きになる本 小学校6年分のつまずきと教え方がわかる

算数につまづく子供の気持ちは、算数に何の疑問も抱かずに通り過ぎた人にはなかなか理解できない。それが親であれば、子供にとっては中々に不幸である気がする。そんな時に本書を読めば理解できることもあるだろう。つまりこれは、算数につまづいた子供を持つ親が読む本である。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く