子を持つ親、必読!

409viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
みかづき

小学校の用務員の大島吾郎。1人の子どもの勉強出来ないの一言がきっかけで、用務員室で、大島教室なるものが開かれるようになる。そこで、吾郎は、人生を変える出会いをする。その小学校に通う、蕗子とその母、千明である。千明は、塾を経営していたゆえに、吾郎の評判を聞きつけ、吾郎と共同経営を提案する。千明の勢いにのまれ、吾郎は、塾経営という荒波へとのまれて行く。
そして、娘、孫達も塾、教育という、流れに逆らいつつも、引き寄せられて行く。

感想

ぐいぐーい引き込まれてしまう。

みかづき

みかづき

  • 森 絵都

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く