速読の技術「フォト・リーディング」

286viewssnufkinsnufkin

このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたもいままでの10倍速く本が読める

フォトリーディング・ホール・マインド・システムの《5つのステップ》

ステップ1 準備

読書の目的を明確にする

リラックスした集中状態に入る

ステップ2 プレビュー

本の全体的な構成(骨格)を大まかに把握する(文章全体を調査する)

キーワードを抜き出す

入手した情報を見直す

ステップ3 フォトリーディング

準備を整える

高速学習モードに入る

開始のアファメーション

  • その文書を読む目的と、その目的を自分は達成することを、明確に宣言(アファメーション)する

フォトフォーカスの状態に入る

  • 「みかん集中法」
  • 「ブリップ・ページ」

リラックス・テンポ・呼吸

  • 心の中で、リラックス・リラックスと唱える
  • テンポよくページをめくる
  • 呼吸のリズムを深く一定に保つ

終了のアファメーション

  • 読み終えたら、「情報がしっかり取り込まれたこと」と「その情報を活性化できること」を明確に宣言(アファメーション)する

ポストビュー

  • 文章をざっと調査する
  • キーワードを抜き出す
  • 質問事項を用意する(まだ答えは探さない)

※10〜15分で終える

ステップ4 アクティベーション(活性化)

情報の熟成期間をつくる

  • フォトリーディング(ステップ3)後、数分間、時間をおいてから行う

 ※理想的には一晩おいてから

文章の内容について自分に質問を投げかける

  • アクティベーションを始動させる

興味を引かれる箇所を「スーパーリーディング」する

「ディッピング」(テキスト中の特定の文章の拾い読み)し、自分に投げかけた質問の答えを見つけていく

スーパーリーディングとディッピングのかわりに、「スキタリング」をしてもよい

  • 段落のトピックセンテンス(主題文)を読んでから、主題の展開部を視線を不規則に井戸王させながら見ていき、そのあと最後の文章を読む

文章の主要コンセプトをマインドマップにする

グループディスカッションや夢の活用

ステップ5 高速リーディング

はじめから終わりまで中断せずに一気に読む

必要なだけ時間をかけてもOK

内容や重要度に合わせ、スピードも柔軟に調整する

シントピックリーディング

1 目標を設定する

2 文献目録をつくる

3 アクティベーションをする24時間前に、選んだ本をすべてフォトリーディングする

4 1枚の大きなマインド・マップをつくる

5 関連箇所を見つける

6 自分の言葉で要約する

7 テーマ(主題)を見つける

8 論点を定義する

9 自分自身の見解を導き出す

10 活用する

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く