王様のくすり図鑑

524viewstamatama

このエントリーをはてなブックマークに追加
王様のくすり図鑑

くすりたちを個性的なキャラクターで描いた、絵巻物的大図鑑

みんなが知っているくすり全58種類が個性的なキャラクターになって王様のからだの中で奮闘する姿を描く。

痛み止めひとつをとっても何種類もある、くすり。
何がどう違うのか、身近だけどよくわからない世界を、楽しくわかる絵本のようにしたビジュアル図鑑です。

登場する個性的なくすりたちのプロフィールも満載!

くすりの王様に連れられるがまま進むと、王様のからだの中には、なんと工事現場やスポーツジムが!コンサートやお祭りも開催されています。
そこで主人公は体内で奮闘するエキセントリックな姿をしたくすりたちと出会います。

活躍するくすりのキャラクターは全58種類。みんなが知っている(飲んでいる)くすりが、どんなキャラクターで登場するのか。楽しみながらくすりの働きや特長がわかりちょっぴりくすりの知識も身につく1冊です。

CONTENTS

・脳や神経のくすり
・心臓や血管のくすり
・肺や気管支のくすり
・胃のくすり
・腸や膀胱のくすり
・骨のくすり
・生活習慣のくすり
・免疫・アレルギーのくすい
・くすりの基礎知識
・くすりのキャラクターファイル

みんなのレビュー

子供に興味を持ってもらうのにはいいかも

薬剤のセレクションは現時点ではかなり現場の使用頻度とマッチしているし、作用の仕方も分かりやすく解説されているので、未経験とかブランクのある薬剤師さんにもお薦めです。

薬を題材にした本としては珍しいタイプ

テレビで見かけることもある東大薬学部出身の木村美紀による本。医療関係者に向けた専門書的な解説書、一般の方向けの薬の事典などとは異なり、興味を持ってもらうための本でしょう。題名どおり図鑑をコンセプトに、薬を擬人化して紹介しています。

感想

http://www.becom.jp/b_topics/topics01.html

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く