皇帝の漢方薬図鑑

657viewstamatama

このエントリーをはてなブックマークに追加
皇帝の漢方薬図鑑 (じほう図鑑シリーズ)

じほう図鑑シリーズ第3弾!

『王様のくすり図鑑』、『王子様のくすり図鑑』に続く、「じほう図鑑シリーズ」の第3弾。
おとぎ話のように漢方薬(和漢)の世界を表現した『皇帝の漢方薬図鑑』。
症状が描かれたフシギな国で漢方薬を知る旅がはじまる。
不思議な世界で、秘密な昔話のような旅を描いた絵巻物的大図鑑の第3弾!

くすりを学ぶおとぎ話のような絵巻物的大図鑑

主人公の女の子は、漢方皇帝とともに、「頭ノ国」、「腹ノ国」といった漢方の国を旅します。それぞれの国では「ショウジョウ」と呼ばれる小さな生き物たちが「かぜ」や「便秘」などで悩まされています。

そこに現れるのが、構成生薬などの特徴をもとに描かれた「漢方薬キャラクター」。「仙人」、「精霊」、「神仏」など不思議なチカラを感じさせつつも、ユーモラスな姿で、ショウジョウを症状から救います。

キャラクターファイルでは、登場する全54種類の漢方薬キャラクターをポイントを絞って平易に解説。また、「漢方薬の基礎知識」の章では生薬30種類を写真つきで解説しています。
老若男女、幅広い読者にむけた、楽しくてためになる一冊です。

全54種類のキャラクターが登場!

漢方薬ってどんなときに飲むくすり?ほかのくすりとどう違うの?そのそも漢方薬って何?そんなギモンからこの本の物語ははじまります。皇帝とともに漢方薬を知るための旅に出た女の子は、仙人のような、神さまのようなナゾめいた姿をした漢方薬たちと出会います。どうやら彼らの姿には漢方薬を知るためのヒントが隠されているようです。登場するのは54種類のキャラクター。

漢方薬がゆるくて不思議なキャラクターに!

かぜかしら 気配がしたら 葛根湯
倦怠感 食欲不振だ 補中益気湯
下半身 老化の足音 八味地黄丸
ストレスで 冷えもあるのよ 抑肝散

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く