人生にブレーキをかけ続けてる人たちへ

930viewsils.t.nils.t.n

このエントリーをはてなブックマークに追加
すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

やりたいことがあるけど踏み出せない、仕事が嫌で毎日が楽しくない、もっと自由に仕事楽しみたいという人たちの背中を押す一冊。
なぜ一歩踏み出せないのか、それは『教育』を受けて来たからだと著者は説いている。その『教育』による洗脳が人々の行動を制限し、行動力を削いでいると。一昔前の思想を持ち、その偏見だけでこの本を読むと理解できなことが多いかもしれない。しかし、新しい思想、考えを学びたい、吸収したいという想いがあれば自分を変えるきっかけに大いになると思われる。時代の変化とともに自分の思想も変化させていきたい人にはなおさら良い本であると思われる。また文章構成も非常にわかりやすく、例えも理解しやすいので、本を読むことがそもそも苦手という人にも、新書というジャンルをあまり読まない人にもオススメできる。
この本を読んで新しい思想、価値観を取り入れよう。そして学校・職場に縛られるのではなく、自分で自分の人生をデザインしよう‼︎

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く