「脳内報酬系」が薬物依存に関与している

349viewsrihitorihito

このエントリーをはてなブックマークに追加
危険ドラッグの基礎知識 (KS医学・薬学専門書)

「脳内報酬系」が薬物依存に関与している。

私たちの脳内には、陶酔感や多幸感といった「好ましい効果」を引き起こす「脳内報酬系」と呼ばれる神経回路が存在している。この脳内報酬系が、薬物依存の形成と密接に関わっている。
 脳内報酬系の神経基盤に関する研究では、脳内のドパミン神経の破壊やドパミン受容体拮抗薬の処置により、自己刺激行動や薬物自己投与が影響を受けることから、主にドパミン神経系を介した報酬効果の発現機構が注目されている。現在は、脳内報酬系として、腹側被蓋野を起始核として、側坐核および前頭前皮質へ投射する中脳辺縁ドパミン神経系が最も重要であると考えられている。依存性薬物である覚醒剤、コカインなどは中脳辺縁ドパミン神経の投射先である側坐核において、協力にドパミン遊離を増加させる。薬物により作用する脳部位に差があり、モルヒネなどオピオイド受容体作用薬やニコチンなどの主に腹側被蓋野に作用するものと、覚醒剤であるアンフェタミン、メタンフェタミンおよびコカインなどの側坐核に作用するものがある。薬物の精神依存モデルである薬物自己投与獲得動物において、神経毒により側坐核におけるドパミン神経を破壊することによって、コカインなどの自己投与は減少する。したがって、このドパミン遊離増加作用は、快感や多幸感などの発現と相関性があると考えられている。

危険ドラッグは脳神経細胞を破壊する

 危険ドラッグに含まれている合成カンナビノイドの細胞毒性に関する基礎研究から、強力な毒性の発現が確認されている。マウスの脳由来初代神経培養細胞に合成カンナビノイドを添加したところ、わずか2時間後に細胞数の減少および神経線維の消失が確認され、非常に強力な細胞毒性を示すことが明らかになった。細胞毒性の発現においては、カンナビノイドCB1受容体が重要な役割を果たしていることが明らかになっている。さらに、この細胞毒性の発現には、カンナビノイドCB1受容体-カスパーゼシグナルを介するアポトーシス誘導シグナル伝達経路が関与することが確認されている。

花見の一杯は日本独特のもの

 WHOは、アルコール摂取が原因とされる死亡例は250万人にのぼるとされ、世界の健康被害の最大のリスク要因であると警告している。現在、WHOが主導してアルコールの有害な使用を減少させるための世界戦略が展開されている。その中で、日本に多大なる影響を及ぼす提言がある。「固定料金で、決められた時間内であれば、無制限に飲酒可能なシステム」の制限である。これは、いわゆる「飲み放題」である。米国の特定の州では「酒類の飲み放題」は禁止されているのである。同様に、公共の場での飲酒は厳しく制限されており、「お花見」で一杯というのも、日本ならではの景色なのである。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く