ひとりぼっちの子がいたら、、、

782viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
また、同じ夢を見ていた [kindle版]

私は、小柳奈ノ花。お父さんとお母さんはいつも、仕事ばかり。学校の友だちは、頭が悪い子ばかりで、友だちらしい友だちはいない。強いて言うなら、隣の席でいつも絵を描いている桐生君と話のわかる人気者の荻原くんぐらい。でも、ちゃんと友だちはいる。黒の猫のナーと、アバズレさんと南さんと、おばあさん。学校の2人と外の3人さえいれば、私の毎日は充実しているはずだった。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く