噛むことは大事

303viewsraftelraftel

このエントリーをはてなブックマークに追加
口腔医療革命 食べる力 (文春新書)

「食べられないお年寄り」が急増している。誤嚥を恐れる医療現場が安易に「禁食」させることで、口の機能が衰え、退院後も食べることが出来なくなってしまうのだ。新時代の「食医」への取材を通して、問題を解き明かす。お口の体操も紹介。

病院に入院すると忘れられてしまう「噛む力」

  • 噛んで食べた方が「やる気の源」であるドーパミンは2倍、「しあわせの源」のセロトニンは1.75倍分泌されるのことがわかった。脳も活性化され、やる気が出て、幸せにもなる可能性が高いというのだ。

「食べること」の意義をもう一度考えてみよう

  • 食べる・喋る・笑うが健康のバロメーター
  • 健康とは何か、WHO(世界保健機関)は次のように定義している。「病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること」を言います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く