薬と相互作用のしくみ

349viewstamatama

このエントリーをはてなブックマークに追加
薬の相互作用としくみ 全面改訂版

薬の相互作用は「しくみ」から予測せよ!

「なぜ起こる?」「併用すると何が起こる?」「どう回避する?」を1冊で丸ごと学べます。

薬物療法にかかわる全ての医療従事者必携の一冊

日ごろの処方監査では、併用薬のチェックが欠かせません。一方で、薬剤の組み合わせは数万にも上るため、併用の可否を全て覚えることは不可能です。
そこで、本書では、薬物相互作用のメカニズムを薬理学・分子生物学の最新知見に基づいて詳説するとともに、相互作用が起こりえる薬剤の組み合わせを一覧表に集約しました。
系統立てて学ぶことで、相互作用を予測・判断するための実践力を身につけることができます。

目次

薬物相互作用とは/相互作用に注意すべき薬剤/薬剤師としてどう対処すべきか

第1部 薬動態学的相互作用

消化管吸収/分布/腎排泄/薬物トランスポーター/CYP450による代謝/その他の薬物代謝酵素

第2部 薬力学的相互作用

薬の作用に起因する相互作用/薬の副作用に起因する相互作用

付録

5-HT(セロトニン)/PDE(ホスホジエステラーゼ)/受容体/動脈血栓症/飲食物・嗜好品と薬の相互作用

薬の相互作用としくみ 全面改訂版

薬の相互作用としくみ 全面改訂版

  • 杉山 正康,落合 寿史,後藤 道隆,古田 綾子

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く