中国残留孤児、戦争遺児、在日二世について分かります

384viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界の果てのこどもたち

高知の片田舎に住んでいた、珠子。満洲へ開拓民として、父母妹と渡った。そこで、出会ったのは、故郷の朝鮮での貧しく窮屈な生活を脱するべく、満洲に母と渡った、美子だった。年の近い2人は、必然的に、近しい中となり、毎日の様に一緒にいた。そして、ある日、日本から茉莉という珠子と同年の女の子が父に連れられてやってきた。貧しい2人の生活のにはない、綺麗な洋服とぽっちゃりとした茉莉。少しの間ではあるが、3人はその後、お互いの胸の中にずーっと残るような時間を過ごしたのだった。しかし、分かれは突然やって来た。美子一家が、日本へと渡ってしまう。珠子は、戦況の悪化に伴い、移住を余儀なくされ、怒涛の日々へと巻き込まれて行くのだった。豊かさと安心を求め、日本に渡った美子一家だったが、やはり戦況の悪化により、厳しい毎日を送ることとなる。茉莉はといえば、2人に出会った後、横浜の家へと戻るが、やはり、戦況の悪化に伴い、人生最大の困難が起きる。
戦争という時代に生き、人生を弄ばれた3人の少女たち。果たして彼女達に、平穏無事無事な日々は訪れるのだろうか?

感想

戦争は二度と起こしてはいけない。やはり、狂った時間だ

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く