最初はえぐい、我慢して読み進むと・・・。

414viewsfukuyamamiyuki29fukuyamamiyuki29

このエントリーをはてなブックマークに追加
ストロベリーナイト (光文社文庫)

警視庁捜査一課の女性警部補、姫川玲子が主人公。

若くして「姫川班」主任を務める玲子だが、心に闇を持っていた。

そして、猟奇的殺人事件が舞い込む。
目を覆いたくなるようなえぐい描写。そこを我慢して読み進むと、
「姫川班」の人間模様に引き込まれていく。

特に、玲子をひそかに慕う、菊田巡査部長がいい。
玲子を守りたい、でも、玲子は上司だし、俺の出る幕はあるのか・・・。
菊田の揺れ動く思いがほほえましくもある。

しかし事件の内容が次第に明るみになり、犯人を追い詰めるうちに、とんでもないことが。
刑事という職業は、かくまで大変なのだと、敬意を払う気持ちになります。

感想

とにかく、えぐいシーンは我慢して読み進めましょう。
姫川班のそれぞれの人物の魅力に引き込まれるはず。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く