江戸の暮らしと二十四節気

223viewsakeminakemin

このエントリーをはてなブックマークに追加
【絵解き】江戸の暮らしと二十四節気 (静山社文庫)

二十四節気とは

月の満ち欠けを基準にした太陰暦を使用した時代、実際の季節に合わせて節目の日をあらわしたもの。冬至や夏至もそのひとつ。

二十四節気のはじまり

古代中国から伝わる。
月の運行に基づく太陰暦による日付は、実際の太陽の位置と関連性がないため、季節の周期との間にずれがある。実際の農耕作業に不便が出るため、本来の季節を知る目安として生まれた。

基準

1年を24の時期に分けてあらわし、それぞれに名称を付けた。太陽の通り道を15度ずつに区切ると24になる。春分から始まる。

春(万物が発る季節)

立春(りっしゅん)

2月4日頃。この日から立夏の前日までが春。この前日が節分。

雨水(うすい)

2月19日頃。雪が雨に変わり、雪も解け始める。

啓蟄(けいちつ)

3月6日頃。冬眠していた虫が穴から出てくる。

春分(しゅんぶん)

3月20日頃。昼夜の長さがほぼ同じ頃。春の彼岸の中日にあたる。

清明(せいめい)

4月5日頃。空は晴れ渡り、百花が咲き競う。

穀雨(こくう)

4月20日頃。田畑の準備整い、春の雨が降る。

夏(熱の季節)

立夏(りっか)

5月6日頃。この日から立秋の前日までが夏。

小満(しょうまん)

5月21日頃。陽気がよくなり、草木など生物が次第に成長し茂る。

芒種(ぼうしゅ)

6月6日頃。芒(のぎ、稲の穂先にある針状のもの)のある穀物の種まきをする時期。西日本は梅雨入りの頃。

夏至(げし)

6月21日頃。一年中で昼が一番長い時期。

小暑(しょうしょ)

7月7日頃。梅雨明けが近く、本格的な暑さが始まる頃。

大暑(たいしょ)

7月23日頃。最も暑い頃の意味。夏の土用の時期。

秋(草木が紅く染まる季節)

立秋(りっしゅう)

8月8日頃。この日から立冬の前日までが秋。暑中見舞いはこの前日までに。

処暑(しょしょ)

8月23日頃。処暑は暑さが止むという意味。

白露(はくろ)

9月8日頃。秋の趣が感じられる頃。

秋分(しゅうぶん)

9月23日頃。昼と夜の長さがほぼ同じになる。秋の彼岸の中日に当たる。

寒露(かんろ)

10月8日頃。冷たい露の頃。

霜降(そうこう)

10月23日。北国や山間部では霜が降りる頃。

冬(万物が冷ゆる時期)

立冬(りっとう)

11月8日頃。この日から立春の前日までが冬。

小雪(しょうせつ)

11月22日頃。冷え込みが厳しくなり、初雪の頃。

大雪(たいせつ)

12月7日頃。朝は氷が張り、ヤマハ雪の姿になる。

冬至(とうじ)

12月22日頃。一年中で最も夜が長い日。冬至南京を食べたり、柚子湯に入る習慣がある。

小寒(しょうかん)

1月5日頃。寒の入り。この日から節分までの期間を「寒」といい、寒さは本格化する。

大寒(だいかん)

1月20日頃。一年中で一番寒さが厳しい頃。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く