健康な歯で元気な毎日

271viewstamatama

このエントリーをはてなブックマークに追加
図解 むし歯 歯周病の最新知識と予防法 [kindle版]

知っておきたい:歯の知識

歯を失う原因の7割は虫歯、歯周病

これらは正しいケアを心がけることで充分に予防できる。
しかし毎日歯磨きをしているにもかかわらず、虫歯や歯周病になることもある。

虫歯・歯周病、どうしてなる?

【虫歯】
不十分なケアで歯が細菌の塊(バイオフィルム)に覆われると、そこに菌が潜み、食事のたびに酸を出して歯を溶かしていく。通常は唾液により修復されるが、エサになるものが残っていると酸は出続け、修復が追いつかずに虫歯になる。
【歯周病】
歯と歯茎の境目に歯垢がたまり、そこに潜む菌が原因で起きる炎症性の病気。最初は痛みはないが、進行すると歯と歯茎の境目が徐々に深くなり、歯を支える骨が溶けて、最後は抜歯する必要が出てくる。

歯科医院で定期的な健診を

歯を大切にケアするには、プロによるチェックやクリーニングが欠かせない。
歯の状態に合わせて3ヶ月から1年に1回を目安に定期健診を。

見つけよう:自分に合った歯磨き術

プロからアドバイスを

歯のケアを考えるときに大切なのは自分の口の中の状態を知ること。歯科医師や歯科衛生士に歯磨きの注意点やアドバイスを受ける。

磨き残しやすい場所から磨く

①奥歯のくぼみ ②上の前歯の裏側のくぼみ ③歯と歯の間 ④歯と歯茎の境目 ⑤歯茎が下がって歯の根が見えているところ

歯磨き剤を1日2回使う

食べ物のカスをエサに、バイオフィルムが定着するには24時間程度かかる。1日1回は丁寧に磨くのが理想的。
虫歯予防には1日2回、歯磨き剤で磨くのが良いとされる。

道具を使い分けて上手にケアを

【歯と歯の間を磨くには】
歯ブラシでは磨きにくい歯間には、デンタルフロスや歯間ブラシを。歯間の幅は人それぞれで、サイズの合わないものは歯間を広げたり、効果が望めないこともある。
【電動歯ブラシも有効に】
ブラッシングが苦手な人は電動歯ブラシを。きちんと歯にブラシを当てることを意識して。

意識しよう:歯を守る食生活

ダラダラ食べは歯の大敵

間食の回数が多かったり、口の中に飲食物が残っている状態が長く続いていると、虫歯になりやすい。
おやつは時間や回数を決めて食べるようにする。また、睡眠中は唾液の分泌が減るので、寝る前の間食はひかえる。

早食いをやめてよく噛んで

よく噛むことも歯を守ることにつながる。噛むことによって唾液分泌が促されるため。
唾液には口の中を洗い流したり、酸によって溶けた歯を修復する役割がある。
食間にガムを10分程度噛むのも有効。

甘いもの以外にも注意したい食べ物

お米などのでんぷんも虫歯菌のエサになる。柔らかい食べ物は歯にくっついて残りやすいので注意。

歯を守る食品

砂糖が添加されていないチーズやヨーグルトなどの食品は歯を守るのに効果的。
これらは食事で溶けた歯を修復する再石灰化に必要なカルシウムを多く含んでいる。
また、食物繊維が豊富な食品も自然と噛む回数が増えるのでおすすめ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く