年齢などの影響

823viewstamatama

このエントリーをはてなブックマークに追加
7日間でうかる! 登録販売者 テキスト&問題集 2015年度版

小児

臓器が未発達で効き目が強く出やすい

OTCで対処せずに、できるだけ病院へ。

身体に対して腸が長い

過剰に吸収される。

血液脳関門が未発達

脳へ以降しやすい。

年齢区分

乳:~1 幼:~7 小:~15
5歳未満は錠・カプセル×

大人にしか使えない薬

そもそも小児には使えないので、減量など調節して与えない。
(イブプロフェン、オキセサゼインは小児量なし。アミノ安息香酸エチル→メトヘモグロビン血症)

高齢者

誤嚥に注意

理解力の低下、間違えなども考慮

高齢者:65~ 忘れやすい。

肝臓、腎臓などの臓器の衰え

ただし、個人差あり。

他にも薬を飲んでいるかも

高血圧、前立腺などでは使えない薬もある。

妊婦

妊婦であることを知られたくない人もいる。

血液胎盤関門はそこまでしっかりしていない

できれば服用しないほうが良い。(催奇形性、早流産など、安全性が不明なことも。)
サリドマイドは通過した。便秘薬は早流産の可能性あり。

添付文書

だいたい「相談すること」。相談すること→情報が集まりにくいため。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く