目薬の使い方

703viewsakeminakemin

このエントリーをはてなブックマークに追加
クスリと暮らし

目薬の正しい使い方

目薬の点眼方法

①手を石鹸でよく洗う。
②下まぶたを軽く引き、1~2滴を確実にさす。このとき、容器の先がまぶたやまつげに触れないように注意を。
③点眼後はしばらくまぶたを閉じるか、目頭を軽く押さえる。手術後は傷口に触れるため、目を閉じるだけにしておく。
④あふれた点眼液は清潔なガーゼやティッシュで拭き取る。

眼軟膏の使い方

①手を石鹸でよく洗う。
②鏡を見ながら、下まぶたを軽く引き、チューブの先がまぶたやまつげ、眼球に触れないように注意しながら、下まぶたに薬を漬ける。
③目を閉じ、軟膏が溶けて全体に広がるまで少し待つ。
④目の外にあふれた軟膏は清潔なガーゼやティッシュでふき取る。

小児への使用方法

①手を石鹸でよく洗う。
②子供の恐怖心を取り除いてあげて、やりやすい方法でさせばよい。(膝の上に頭を乗せて、仰向けにした状態で使うなど。)
③点眼時に目をつぶってしまうお子さんの場合、目の周りを拭いてから目頭付近に点眼する。まばたきをさせると目薬が目のなかに入る。
④涙で目薬は流れてしまうので、泣いている最中は点眼を避ける。また、点眼時にお子さんが動き、容器の先で目を傷つけないように気を付ける。

点眼時の注意事項

①懸濁性の点眼はよく振ってから使う。(リボスチン、フルメトロン、カリーユニなど)
②用時溶解型の点眼剤は溶解時に振って溶かしてから使う(カタリンK、エコリシンなど)
③冷所保存が不適な薬もある。(リザベンなど)
④薬が2種類以上ある場合は、あとの薬は5分程度あけてから点眼を。

保管方法

①冷暗所保存などの指示がある場合はそれに従う。特に注意がなくても、なるべく涼しいところに保管を。
②点眼後はしっかりフタをして、小袋に入れて不潔にならないように注意。
③救急箱に保管する場合は、湿布薬などの芳香成分が吸着するおそれがあるので注意。
④幼児が誤って飲むと危険な場合も多いので、手の届かないところに保管する。

その他

①容器に記載されている使用期限は開封前の期限。開封後の期限は1ヵ月を目安とし、濁っていたら破棄する。
②治癒後は使用期限内でも残った薬は捨てる。
③誤用を防ぎ、品質を保持するためにも、他の容器には入れ替えない。
④他の人には貸さない。
⑤水虫薬や白髪染め液などと一緒に保管しない。誤用の恐れがあるため。
⑥点眼後に目がひどく痒くなったり、痛んだり、腫れたり、赤くなるような場合は中止を。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く