頻尿の原因はいろいろ

667viewsakeminakemin

このエントリーをはてなブックマークに追加
女性泌尿器科医が教える 自分で治す!尿トラブル―骨盤底を鍛える!食事でケアする! (主婦の友パワフルBOOKS)

「トイレが近い」が寒さのせいでないことも

寒くなると、汗や水蒸気となって体外に出ていく水分量が減り、体内の水分量が増えすぎてどうしてもトイレが近くなる。
この場合は生理的な現象なので心配はないが、頻尿のなかには病気が原因の場合もあるので注意が必要。

強い尿意を伴う頻尿は「過活動膀胱」の疑いが

尿は腎臓で作られ、通常1分間に1~2mLの割合で膀胱にたまり、200mLほどで尿意を感じ、300~500mL程度まで我慢することができる。
トイレに行く回数は1日5~6回が目安で、これが1日8回以上になると頻尿とされる。
頻尿の原因は様々だが、中年の男女に多く見られるのが「過活動膀胱」。
膀胱にたまった尿が少量であるにもかかわらず、膀胱が勝手に収縮する病気で、突然我慢できないほどの尿意を感じるのが特徴。(尿意切迫感)
トイレが間に合わず尿が漏れることもある。(切迫性尿失禁)
原因として、脳や脊髄の障害、膀胱や尿道などを支えている骨盤底筋の緩みなどが挙げられるが、原因がはっきりしないことも多い。
薬を用いたり、排尿を我慢して膀胱に貯められる尿量を増やす膀胱訓練、肛門の周辺の筋肉を縮めたり緩めたりして骨盤底筋を強化する骨盤底筋体操などで治療する。

膀胱炎、前立腺肥大症が原因になることも。

女性の頻尿の原因として多いのが膀胱炎。膀胱の粘膜に炎症が起こる病気で、その多くは細菌感染によって起こるもの。
頻尿のほかに、排尿痛や尿の混濁がみられ、治療には抗菌薬を用いる。
頻尿に加え、残尿感や尿が途中で途切れる、尿の勢いが弱いといった症状がある男性の場合は、前立腺肥大症が疑われる。
軽症であれば薬での治療となるが、症状が重たい場合には手術が選択される。

その他の原因

子宮がん、大腸がん、前立腺がんなどがあって、膀胱が外部から圧迫されると膀胱の容量が減り、一回の排尿量が減少して頻尿になることがある。
また、糖尿病薬や利尿剤、水分の多量摂取により尿量が増え、頻尿となる場合もある。
精神的な緊張から尿意を強く感じ、何度もトイレに行くという状態が日常的に続く心因性頻尿もある。

尿意が続く場合は受診して原因を明らかに

尿のトラブルは時にQOLの低下を招く。頻尿が続く場合は泌尿器科などを受診し、必要に応じて治療を。
受診の際には、排尿した時刻や尿量、尿意の強さ、水分の摂取量などを記録して持参すると、診断の参考になる。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く