豊かな人生を手に入れるためのヒント集! より少ない生き方

322viewsosarusamaosarusama

このエントリーをはてなブックマークに追加
より少ない生き方 ものを手放して豊かになる

「新ミニマリズム」とは?

・ミニマリズムはただの倹約とは違う。ミニマリズムはひとつの哲学であり、ものが多ければいいのではなく、質のいいものがいいという考え方だ。

・いくら消費しても、「満足して幸せになれる」という約束は絶対に果たされない。過剰な消費は、むしろ私たちから自由を奪い、さらに物欲を刺激するだけだ。

・少ないもので豊かに暮らしたいなら、自分の内面を見つめ、自分の買い物の傾向を分析しなければならない。

・いらないものを処分していくと、家の中のどこを見ても、一番好きなものしか目に入らなくなるのだ。

・いい本を手放すのは、他の誰かに読んでもらうためだ。せっかくいい本なのに自分の本棚だけに置いていたら、他の人が読むチャンスを奪っていることになる。

・本当に大切なのは、ものではなく、夢をかなえることだろう。

・まずは、自分にとっての理想の人生について、真剣に考えてみよう。
理想の人生を思い描いたら、今度はそれを実現するのにいちばん適したミニマリズムのスタイルを考える。

豊かな人生を手に入れるために

・与えることで、自分が持っているものにより感謝できるようになる。 ありのままの自分を認め、与えられるものがあってありがたいと思えるようになる。

・ものを愛するのは間違っているし、ものの不在を愛するのも間違っている。愛する対象は人間だ。 なかでも身近な人たちを愛することが、特に大切だ。

・いらないものを与え、余分なお金を与え、余分な時間を与えなさい。

・自分には与えるものがたくさんあることに気づき、自分が世界にいい影響が与えられることに気づく。困っている人を助けることができる。人助けにお金を使うほうが、自分のためだけにお金を使うよりもずっといい。

・人のために生きていると、人と比べる必要がなくなる。人の上に立ちたいという気持ちがなくなるので、肩の荷が降りる。

・世界にどんな貢献ができるかは、どんな人生を選ぶかによって決まり、他者にどんな人生を実現させるかで決まる。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く