マスクやうがいで予防の徹底を

719viewsryoko07ryoko07

このエントリーをはてなブックマークに追加
一生インフルエンザにかからない体質の作り方

インフルエンザとは

感染力が強く、肺炎や気管支炎の危険性も

毎年、寒くなると大流行するインフルエンザ。子供やお年寄りを中心に多くの人が感染し、多くの被害をもたらしています。また最近では新型インフルエンザの出現も危惧されています。
インフルエンザとはインフウルエンザウイルスによって発症する感染症で、感染力が強く、咳やくしゃみによる飛沫感染だけでなく、空中に浮遊するウイルスを吸い込むことによって空気感染もします。
症状が重くなりやすいのもインフルエンザの特徴です。咳、鼻水、くしゃみのほかに38~40℃の高熱、全身倦怠感、筋肉痛、関節の痛みなども伴い、抵抗力が弱い子供やお年寄りでは肺炎や気管支炎、インフルエンザ脳症を併発する危険性もあります。

予防と早期発見が最重要

予防の最たるものがワクチン接種です。インフルエンザウイルスは突然変異を起こしやすいウイルスなので、毎年違ったタイプのウイルスが流行します。そのため、予防接種は毎年することが望まれます。
早期発見は、最近では10~15分でインフルエンザのタイプ(A型、B型)がわかる「迅速診断キット」が使われるようになり、診断できるようになりました。

風邪との違い

風邪の感染経路は接触感染です。また初期症状としてはインフルエンザのような高熱よりは鼻汁や鼻閉から始まることが多いです。悪寒は軽度なものが多く、筋肉痛や関節痛はないことがほとんどです。

予防法

うがい・マスク

インフルエンザウイルスの感染力は強く、飛沫感染や空気感染によって簡単にうつってしまいます。マスクやうがい、手洗いを徹底し、ウイルスが体に入らないようにすることが大切です。

人ごみを避ける

流行しているときは、なるべく人ごみの中を歩かないようにしましょう。

湿度を保つ

ウイルスは高温・多湿を嫌います。家の中は加湿器などで湿度を保つようにしましょう。

予防接種を

学校や会社など、人の多い場所で過ごすことが多い人は、ワクチン接種をしておきましょう。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く