生理痛はないのが当たり前

454viewsakeminakemin

このエントリーをはてなブックマークに追加
“ほっ”とする生理痛の本―女性の悩み解決ガイド

生理をマジメに考える

生理は女性の健康のバロメーター

女性は一生のうち平均35年、生理とのお付き合いがある。正常な生理を知り、うまく付き合うことで、自分の健康を管理することができる。

7の倍数に注目

女性の体は7の倍数で変化するとされる。これは約2000年前の中国最古の医学書に記されている女性の体の変化の法則。
7歳:成長期。
14歳:初潮。女性の体への変化が始まる。
21歳:成熟期。身長が伸びきり、身体機能も整いつつある。
28歳:体年齢のピーク。肌つやも良く身体も充実している。
35歳:肌のはりや髪のつやが気になり始める。
42歳:白髪が目立ち始め、体力の衰えを感じ始める。
49歳:閉経の時期を迎える。
個人差はあるが、今も昔も女性の体はほとんど変わらないリズムを刻んでいることが分かる。

正常な生理の目安は

生理周期:25~38日

生理初日から次の生理の前日までの日数。一般に排卵を伴う生理周期のことを指す。

生理持続期間:3~7日

年齢によっても異なるが、一般的にこの期間内であれば正常。

経血の量:50~100ml(総量)

一般的に2日目が多く徐々に少なくなる。
日中、昼用ナプキンを当てていて、1時間ほどで経血が溢れるような状態が続く場合は注意。

経血の色:赤~暗紅色

期間を通して黒っぽい場合や、薄く水っぽい場合は注意。

経血の質:サラサラとした液状

塊がある場合は注意。

セルフチェック

□生理痛は必ずあるものだと思う
□生理痛があると、つい薬に頼ってしまう
□生理が2~3ヶ月ないことがある
□1ヵ月に生理が2回以上くることがある
□生理が2日以内で終わってしまうことがある
□生理が8日以上続くことがある
□冷たい飲食物が好き
□ファッション重視で、薄着になることがある
□生理中に性交渉をしたことがある
□経血の量や色を気にしたことはあまりない
□経血にレバー状の塊が混ざることがある
□生理前、生理中に頭痛、腰痛、胸の張りを感じることがある
□生理前、生理中にひどく眠くなることがある
□生理前にイライラや落ち込みやすくなることがある

チェックが多かった場合は、生理についての知識や、生活習慣を見直す必要がある。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く