悪徳商法について

612viewsakeminakemin

このエントリーをはてなブックマークに追加
まさか自分が…そんな人ほど騙される―詐欺、悪徳商法、マインド・コントロールの心理学 (パンドラ新書)

街頭でのキャッチセールスやマルチ商法など、うっかり契約してしまわないためにはどうするか。

手口はどんなものがあるのか

マルチ商法

健康食品や化粧品などの商品やサービスを販売することで利益を得るというふりこみで契約させる。
組織の加入者を増やすと中間マージンが入る仕組み。加入者が増加せずに在庫を抱えることが多い。
ネズミ講と異なり合法だが、勧誘方法によっては違法になることも。

デート商法

出会い系サイト、間違い電話などにより出会いの機会を作り、デートを装い契約させる。
断りにくい状況にして、アクセサリーや絵画など比較的高価な商品を契約させる。

アポイントメントセールス

「特別安く旅行に行けます」「あなたが選ばれました」など有利な条件を強調して営業所や喫茶店に呼び出して、商品の契約させる。

キャッチセールス

アンケート調査を装い声をかけ、営業所や喫茶店に呼び出し、高額な商品の契約を強要する。

ネガティブオプション

商品を一方的に送り付けて消費者が代金を支払わなくてはいけないと勘違いして支払うのを狙う。代引きを悪用したもの。

催眠商法

仮設事務所のような閉め切った会場に人を集める。キッチン用品などを無料で提供して場を盛り上げ、あとで高級羽毛布団などを売りつける。

内職商法

「在宅のサイドビジネスで高収入」「パソコン検定合格で在宅ワークができる」などと広告し、契約すれば仕事を紹介すると勧誘して高額教材を売りつける。

資格商法

「受講すれば資格が取れる」と勧誘し、講座や教材の契約を取る。資格が取れるまで再度別契約をさせるなど、二次被害も。

ネズミ講

マルチ商法と異なるのは、商品が存在せずお金の配当だけという点。下位メンバーが必ず損をするので違法である。

もしも被害にあったら

ホームページ紹介

●日本消費者協会
●国民生活センター
●住宅リフォーム・紛争処理支援センター
●日本訪問販売協会

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く