胃・十二指腸潰瘍の食事療法

944viewstamatama

このエントリーをはてなブックマークに追加
胃潰瘍・十二指腸潰瘍の食事 (NHKきょうの料理―成人病の食事シリーズ)

胃腸にやさしい生活を

胃・十二指腸は生命を維持していくのに不可欠な栄養素を体内に取り込むという重要な働きをしている。丈夫にできているが、消化性潰瘍で悩む人はかなり多い。

攻めと守りのバランス

●どうして胃・十二指腸潰瘍になるのか
胃からは強い消化力を持つ胃酸が出て、食べ物を消化している。この胃酸の働きで胃壁自体が消化されては困るので、通常は粘液が胃壁全体を覆って胃酸から胃を守っている。
ところがいったんバランスが崩れると、粘液が薄くなり胃壁にびらんや潰瘍、ひどいときには穴が開くことも。このバランスの崩れの原因がストレスや不規則な食事、胃への刺激物など。
●薬と食事でバランスを回復
胃・十二指腸潰瘍になると、かつては極端な食事制限をしていたこともあるが、現在では胃酸の分泌を抑えたり、胃壁を守るすぐれた薬が存在している。
薬物療法を行いながら食事の注意を守ることが大切。極端な制限を行うよりも食事の改善を。

1日のリズムを守って、楽しくおだやかに

決まった時間に1日3度の食事を摂る。何事もくよくよせず楽しく食事をする。タバコやアルコールなどの刺激物はひかえる。こんな生活が胃腸を守ってくれる。

胃にやさしい食事と生活

①正しい食事と休息を
1日3回、規則正しく食事をとり、生活リズムを守って十分な睡眠をとる。不規則な食事や睡眠不足が潰瘍発生の原因にもなる。
②服薬はきちんと規則正しく
処方された薬は、決められた量を規則正しく飲むことが大切。風邪薬など処方以外の薬を飲むときは必ず医師や薬剤師に相談を。
③たばこは胃の大敵
煙が溶けて直接粘膜を荒らすほか、血流を減らして潰瘍を治りにくくしてしまう。再発の可能性も。
④アルコールは禁物
濃いアルコールは胃粘膜を洗い流してしまい、粘膜を直接傷つけてしまう。空腹時に飲むとアルコール性急性胃炎なども引き起こす。
⑤ストレスが胃を直撃
胃は心の鏡とも言われ、精神的な影響が胃に現れやすい。ストレスがかかると胃の血流が悪くなり、粘液が減少し胃酸の分泌も増加して潰瘍のもとになる。
⑥よくかんで楽しい雰囲気で
楽しい雰囲気の中で、よく噛んでゆったり食事をすることは意外と大切。スムーズに消化・吸収することにつながる。
⑦熱いもの、冷たいもの、刺激物に気を付けて
胃を刺激するので気を付ける。味の濃いものや刺激の強いものも胃酸の分泌を促進してしまうので少量にとどめておく。
⑧固いもの、線維の多いものは少量に
消化しにくく、胃に負担をかけるので食べ過ぎないように。

例えば、こんなメニューを

①豆腐と白身魚の蒸し物
②さわらの揚げおろし煮
③かぼちゃのポタージュ
④アスパラガスのグラタン

手術をした人は

食事を5~6回に分ける

手術をして退院した後でも食べられないものはほとんどない。ただ、線維の多いものや刺激の強いもの、脂っこいものは控える必要がある。
また、1度にたくさんの量を食べられないので、1日の食事を5~6回に分ける。間食もお菓子ではなく、通常の食事に近いものが理想。
主食はお粥より、柔らかく炊いたご飯を。消化のよいバターやマヨネースなどの油も摂って、なるべく栄養とカロリーを。

ダンピング症候群に注意

●前期ダンピング症候群
食後30分くらい、冷や汗が出たり、気分が悪くなったりする。これは食物が急に腸に入るため、空腸が引き延ばされて起こる。
●後期ダンピング症候群
食後1時間半くらいから冷や汗が出る。胃がないため糖分が急激に吸収されて血糖が急上昇、その後インスリンにより急低下するため。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く