世の中は音で様々な音で満ちている

915viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
蜜蜂と遠雷

伝説の名音楽家、ユウジ・フォン=ホフマンの推薦状を持つという、謎の少年、風間塵。養蜂業を生業とする父と共にジプシーのような流民の生活を強いられている。
天才少女として一躍有名になるも、母を亡くした事が引き金となり、表舞台から姿を消した栄伝亜夜。
いつ時は、ピアニストを目指した事もあったが、現在は、教師の妻と4歳の子どもの父となり、楽器販売店に勤務する高島明石。
ジュリアード音楽大学に在籍する、マサル・カルロス・レヴィ・アナトール。抜群のセンスと腕をもつ、容姿端麗。ジュリアード王子という名で知られている。
彼ら4人は、国内外で近年注目されていピアノコンクール、芳ケ江国際コンクールに挑む事となる。それぞれ、様々な野望を持って。

感想

たいして弾けないが、ピアノを弾きたくなる。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く