カードローンは、毎月1000円だけでもいいから多目に返済を

355viewsryoko07ryoko07

このエントリーをはてなブックマークに追加
個人ローンの実態と展望―消費者金融のあリかた

金利と利息の関係

金利について理解しておかなければ損をする。例えば10万円借りるケースでは、諸条件によっては2万円近く利息が発生する。利息を計算する上で必要になるのが「金利」となる。
金利のことを知らずに必要なお金を借りてしまうと、思った以上に大きな金額を返済することになるかもしれない。

金利

「借り入れたお金に対して、どの程度の利息が発生するか」をパーセンテージで示したもの。

利息

借り入れたお金に+αで返済する、利用料のようなもの。金利をもとに算出される。

借入金額×実質年率÷365×借入日数=利息額

例えば、
・借入金額 20万円
・実質年率 14.5%
・借入期間 1ヶ月間(30日)
の場合、200,000円(借入金額)×0.145(実質年率)÷365×30日(借入日数)=2,383円(利息額)となり、1ヶ月で返せば利息は3000円もしないことがわかる。

毎月の借入残高に応じて利息金額を算出

長期にわたって返済するとなると少し計算が複雑になる。毎月の返済はリボルビング形式で、毎月少しずつ元本が減り、その減った金額に対して金利を計算することになるからである。

仮に50万円を借りて、月々規定額しか返さないとすると

返済額は最低でも大体2%くらいと設定している金融機関が多いが、金利が14.6%として、もし月々1万円だけしか返済していかないとすると、返済期間は77ヶ月(または78ヶ月)になる。
ここで毎月1000円だけ頑張って、月々1万1千円返済していくと、返済期間は66ヶ月(または67ヶ月)になる。
毎月1000円頑張るだけで、返済期間がおよそ1年短縮できることになる。
ちなみにもうちょっと頑張って月々1万2千円ずつ返済していくと、返済期間は58ヶ月(または58ヶ月)になる。

これを機に、生活を見直してみては

たかだか千円、2千円程度の金額でも、元本を減らすことができる。
少し節約すれば捻出できるお金だと思いませんか?

感想

返済シミュレーション参考url
http://cardloan.smbc.co.jp/pc/payment_simulation/top

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く