あなたの英語の勉強を楽にしてあげたい!

944viewspurinpurin

このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたの英語の勉強を楽にしてあげたい!

英語は真面目に勉強してはダメ!?

日本の英語教育の弊害

日本の英語教育の成せるわざなのか、私たち日本人が英語を勉強しようとすると、出来るだけ多くの単語を暗記しようとか、分厚い文法書を端から勉強しようとか、とにかく、きっちりと真面目に英語と向き合おうとしますね。
でも、そのおかげで、ネイティブでも使わないような英単語や、小難しい文法の知識ばかりが頭を占領することになります。
その知識は、受験英語や、TOEIC、英検などの資格試験では効果を発揮するかもしれませんが、その勉強法で英語が話せるようになったでしょうか?

知識が空回りしてませんか?

真面目に英語を勉強しようとするほど、その知識が「英語を話したい!」という本来の目的から大きく外れて、むしろ逆効果になってしまうこともあるんですよね。
資格試験や受験のためではなく、単純にネイティブと楽しく会話をするためには余分な知識なんて必要ないんです。

あれこれやっても意味がない

通販教材、CDブックを買ってみようか?英語の資格試験を受けようか?スクールにいこうか?Skype英会話をやろうか?
核心的なことを限定して学ばない限り、余計なことをいつまでも学び続けることになり、その結果上達しません。

掛け算九九ができれば日常生活で計算に困らないのと同じ理屈

皆さんは、I love you. / This is my book. などの文は、日本語と同じようにほぼ完璧に脳に入っていると思います。
多くの日本人は、基本動詞、基本前置詞を含む81文程度の有用なセンテンスが、I love you. と同様に頭に入っていないために、あれこれやっても話せるようにならないのです。
九九のように覚えるセンテンスでトレーニングすると短期間で英語をマスターできます。
この81文が数学でいえば九九にあたり、九九ができるようになれば計算において日常生活に最低限支障がないのと同じです。

中学レベルの英語力で十分!?

英語を話すのに難しい単語や文法は必要ありません。
例えば、TOEICテストでよく出てくる、
scheme、indispensable、difficult
これらの英単語はそれぞれ、
plan、necessary、hard
に言い換えられます。
実は、これらの言い換えた英単語はすべて中学英語で習った単語ばかりなんです。
つまり、あえて難しい単語や表現を使わなくても中学レベルの英語の知識があれば、十分にネイティブと楽しくコミュニケーションを取ることに何も不都合なことはないということです。

ほとんど中学英語で完成している。あとはトレーニング

実は中学3年2学期までの英語の知識があれば、3ヵ月で話せるようになります!
中学英語だけで英語が話せるようになる。といった類のものを、あなたも一度や二度、見たり聞いたりしたことがあると思います。(ある意味正しいことです)
これが英語の基礎部分であり核心に通じるのですが、この基礎部分の重要性を理解している英語の先生はほとんどいません。

あなたの英語の上達に、確信的な実感が得られるよう導きます。

感想

参考:http://www.simpleenglish81.com/adw.html

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く