2017年の新制度、セルフメディケーション税制

329viewspurinpurin

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新 医療費のしくみ

セルフメディケーション税制とは

従来の医療費控除制度は1年間に自己負担した医療費が自分と扶養家族の分を合わせて「合計10万円」を超えた場合、確定申告することにより所得税が一部還付されたり、翌年の住民税が減額される制度です。
治療のために購入したOTC医薬品の代金もこの医療費控除の対象となります。
新たに施行されたセルフメディケーション税制では特定の成分を含んだOTC医薬品の年間購入額が合計1万2000円を超えた場合に適用されます。

対象となる特定の成分を含んだOTC医薬品

厚生労働省のホームページでこの制度の対象となる具体的なOTC医薬品を確認することができます。現在、製造メーカーは対象となるOTC医薬品のパッケージに識別マークを印刷またはシールで貼付する作業を行っており、今後多くの対象製品がマーク付きに置き換わっていきます。

購入したら

レシートには対象製品に星のような印と「セルフメディケーション税制対象」という印字がされるようになります。大切に保管してください。

対象となる人

所得税や住民税を収めていて、自分と扶養家族の分を合わせて、対象となるOTC医薬品の年間購入額が1万2000円を超えた人で、合わせて健康の維持増進や疾病予防のために健康診断などを受けている人が対象。

いくらお金が戻ってくるのか

扶養家族の分を含めた対象となるOTC医薬品の年間購入額が1万2000円を超えた部分に申告者の所得税率をかけた金額が所得税として戻ってきます。

注意点

従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制を同時に利用することはできません。
どちらの医療費控除を選択したらよいか、よく考えましょう。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く