お酒の知識

503viewsakeminakemin

このエントリーをはてなブックマークに追加
お酒の資格と仕事ガイドブック

吟醸酒と大吟醸酒、純米酒と本醸造酒の違い

・吟醸造りは低温でゆっくり発行させ、かすの割合を高め、特有な芳香(吟醸香)を有するように醸造する。
・醸造アルコールとは、トウモロコシなどのでんぷん質や糖蜜から醸造されたもの。
・香りを高めすっきりとした味わいを生む。乳酸菌の増殖を防ぐ効果も。
・使用する醸造アルコール量は、使用した白米の重量10%以下に制限されている。

吟醸酒

【精米歩合】
60%以下の白米(玄米の外側を40%以上削る)
【原料】
米、米麹、水、醸造アルコール
【特徴】
フルーティな吟醸香と淡麗な味わい

大吟醸酒

【精米歩合】
50%以下の白米(玄米の半分以上を削る)
【原料】
米、米麹、水、醸造アルコール
【特徴】
吟醸香が高く、デリケートな味わい

純米酒

【精米歩合】
60%以下の白米
【原料】
米、米麹、水
【特徴】
米の旨味を生かした風味

本醸造酒

【精米歩合】
70%以下の白米
【原料】
米、米麹、水、醸造アルコール
【特徴】
醸造アルコールを少量加え、すっきりとした味わいに

生酒と生貯蔵酒の違い

生酒

精米・醸造後、いっさい加熱殺菌処理がされず、酵母や酵素が生きたままなのでフレッシュな味と香りが特徴。

生貯蔵酒

生貯蔵酒は、びん詰め出荷のときのみ加熱殺菌処理が行われる。

ラガービールとドラフトビールの違い

ラガービール

貯蔵工程で熟成させたビールのこと。発行、貯酒のあと、精密ろ過機でろ過し、熱処理(低温殺菌)して容器に詰める。

ドラフトビール

瓶、缶に詰めた、熱処理をしないビール(生ビール)のこと。ただしこの定義は日本とアメリカのみ。
熱処理しても樽に詰めれば生ビールとする国もある。
日本で飲まれているビールの70%を占める。

※ビールと発泡酒の違い
水、ホップ以外の原料における麦芽比率が66.7%以下。もしくは酒税法で定められた副原料以外のものを使っているのが発泡酒。
ビールよりも税率が低いので値段も安い。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く