衣類のお手入れ法、トラブル対策

352viewsakeminakemin

このエントリーをはてなブックマークに追加
洗濯・衣類のきほん (わたしの暮らし手帖)

衣替えのお手入れの基本

季節に応じたお手入れをしておけば、シーズンがきたらすぐに着用できるので効率的。

洗濯

自分で洗うかクリーニングに出して汚れを落としてからしまう。

ブラッシング

冬のコートやジャケットなどは、クリーニングに出すほど汚れていない場合、よくブラッシングしてほこりなどを落とす。

乾燥、除湿

あまり着用していない衣類は、虫干しで除湿し、虫食いやカビ、シミなどを点検。
衣類をハンガーにかけて、風通しのよい部屋で陰干しする。
季節は7月下旬と2月、乾燥した晴天の日を選び、時間帯は午前10時~午後3時くらい。
虫干しのあとは、ごみやほこりをはらい、整頓して収納する。
バッグなどの革製品も虫干しするとよい。

防虫

衣類を収納する時は、必ず防虫剤を入れる。

しまい方

シワになりやすい衣類は、上に重みとなるような衣類を乗せない。
パンツ類などを重ねてしまうときは、折りを交互にしたり折りの間にセーターをはさむなどしてシワを防ぐ。
コットン素材などは丸めて重ねると入れやすい。
クリーニングのビニール類は、外して収納する。一度陰干しするとよい。

衣類のトラブル対処法

気を付けて洗濯していても、衣類のトラブルは多々あるもの。もしもの時のための対処法。

ニットが伸びてしまった

伸びてしまった部分をアイロン台にのせ、3cmほど離してからスチームをかけて自然乾燥。

衣類に毛玉ができてしまった

片側に硬い部分がついているスポンジを用意する。硬いほうでこすればキレイに毛玉が取れる。

防虫剤の匂いが気になる

防虫剤やタバコなどの臭い消しにはアイロンとハンガー。服をハンガーにかけたら風通しの良い場所に吊るし、スチームアイロンでたっぷりとスチームをかける。湿気が飛べば臭いも一緒になくなる。

アイロンで衣類がテカテカに

酢1:水2の酢水をコップ1杯作り、タオルにこの酢水を含ませ、このタオルを衣類のテカテカした部分に塗って、低温のアイロンをあてる。

ジーンズが色あせてしまった

色あせたジーンズと新しいジーンズを一緒にぬるま湯で洗う。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く