トヨタが強い理由!トヨタ流7つの思考習慣

4038viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタの思考習慣―世界一成功するシンプルな法則 (講談社プラスアルファ新書)

概要

トヨタが強い理由は、下記の7つの思考習慣を持っていることです。

①先例を追わない
②本質と根本に戻ってくる
③変わり続けるための究極思考
④独自のしくみをつくる
⑤情報収集は現地・現物・現場で
⑥人間性を重視する
⑦変わり続ける文化を作る

この7つを具体的に以下で説明していきます。

先例を追わない

◆単に技術を導入するだけではなく、独自のやり方を興す
◆買った機械をそのまま使わずカスタマイズして始めて仕事と呼ぶ

本質と根本に戻ってくる

◆なぜなぜ問答をくり返し、真の原因を追究する
◆何のため、何のため、と目的を繰り返す

変わり続けるための究極思考

◆最初に究極の姿を想像し、そこからどうすれば究極に近づけるか
◆他社の目標を調べベンチマークを行わず、ムダ0を目指す

独自のしくみをつくる

◆トヨタ生産方式、かんばん方式、標準化システム、アンドンシステム(不良が出たらラインを止めてランプをつける)など仕組みを作る
◆しくみをつくり、それを無意識でできるようになるまで習慣付ける

情報収集は現地・現物・現場で

◆ヴァーチャルな数値だけと格闘していても本質は見えてこない
◆データ(情報)を集めてからではなく、先に現場、現物を見て本質を見抜く

人間性を重視する

◆モノ作りは人なり
◆企業にとって重要なことは、制度や組織はあっても、そこで人がいかに成長し続けられるかどうか

変わり続ける文化を作る

◆工夫し、やってみて、気付くことを繰り返す
◆トヨタの競争相手は日産でもホンダでもなくトヨタ自身

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く