いつもスッキリ、掃除のコツ

412viewsakeminakemin

このエントリーをはてなブックマークに追加
アルカリと酸で洗う本―洗濯と掃除、そしてキッチン

汚さない工夫で掃除の手間を省く

・静電気が起こってほこりが目立ちやすいところなどには、クロスやスカーフ、マットなど敷物をすると目立たない。ときどき掃除機をかけたり、はたくだけ。
・キッチンのガスレンジ周りはカバーやレンジ下に敷くトレー、換気扇カバーなど市販製品を活用し、汚れたらこまめに交換する。油汚れがひどくなったときは浸け込み専用洗剤でまとめてすっきり汚れを落とす。

トイレ、浴槽、インテリア

・トイレは通常たわしでこするほか、ときどき洗浄漂白剤で黄ばみも落とす。(月1~2回程度)
・照明器具は住宅用洗剤をつけたぞうきんで拭き、その後水拭きしておくと部屋が明るくなる。(3ヶ月に1回程度)
・浴室は使用後換気をし、水滴をワイパーなどで取っておくとカビ防止に。(できれば毎日)
・床はモップでさっとほこりやゴミを取る。ほうきでこまめに掃き出す。(週2~3回)
・天井や壁のほこりにはたきをかけ、掃除機で吸い取る。(3ヶ月に1回程度)
・ソファのほこりは掃除機で吸い取る。ほこりがたまりやすい角はノズルを使用。(週1回程度)
・カーテンもほこりが付くので、掃除機で吸い取る。。(3ヶ月に1回程度)
・ドアノブやスイッチカバーは、住宅用洗剤を含ませた布でときどき拭いておくと清潔感が。(2ヶ月に1回程度)

キッチン、洗面所

・使用後のガスコンロは、洗剤のついたスポンジで汚れを取ってから水拭きしておく(毎回)
・シンクのカウンターや洗面所の水はねは、乾拭きしておくと水垢がつかない。(毎回)
・シンクのゴミ入れは夜に漂白剤をかけておき、あとで水で流す。(ぬめりが出たら)
・冷蔵庫やレンジの取っ手、炊飯器、湯沸かしポットなどの家電製品につく手垢や、油とホコリの混じった汚れは中性洗剤を含ませた布か、住宅用洗剤で落とす。(月2回程度)
・キッチンや洗面所の蛇口は、乾いたタオルに歯磨き粉をつけて磨くとピカピカに。(月1回程度)
・キッチンシンクやカウンター、洗面所の鏡の曇りは、中性洗剤で拭いてから水拭き、乾拭きを。(月1~2回)

装飾品などの汚れ

・観葉植物の葉のほこりは布でやさしく水拭き。
・陶器の飾り物のほこりは水で洗い流し、布で水分をふき取る。油とほこりの混じりなら、中性洗剤に浸けてから洗い流す。
・フォトフレームなどは、静電気はたきではたく。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く