東洋医学的なカラダの仕組みを理解しよう

288viewstamatama

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロが教える東洋医学のすべてがわかる本 (史上最強カラー図解)

現代解剖学と東洋医学では、器官の持つ意味が異なる。東洋医学の臓腑と西洋医学の内臓は別物と思ってよい。体腔内にある臓器類をまとめて五臓六腑という。

五臓

全身の気や血の流れを調整する。また、血を貯蔵し全身の血量を調整している。
【疏泄作用】
全身の気を調節する機能。肝気の生理的働きとして、のびやかな上昇性がある。上昇を抑える肺の粛降作用により気の流れのバランスをとる。気がスムーズに流れれば血も正常に働き、脾や胃もよく働く。
【蔵血作用】
肝は血脈の血液量を調節し、心が血脈の血液を推動する。心と肝のバランスによって血液循環が正常に保たれている。肝の働きが乱れると、血の巡りも滞り、目や筋に症状が現れる。月経も蔵血作用に関連している。

五臓六腑を統括する。全身に血を巡らせ、思考や意識など精神活動を制御する。
【精神をコントロールする作用】
思考、記憶、意思など、人間の精神状態は心が統制している。心と脳、心と肝の精神的結びつきは強いとされる。
【血を全身に巡らせる作用】
肝に貯蔵された血を、全身に循環させるポンプ機能。血の栄養分を身体のすみずみにまで送り出す。

消化と吸収を行い、後天の精を取り込み、気・血・津液の素を心と肺に送る。
【運化作用】
水穀(飲食物)の精微の運搬・消化を行う。
【統血作用】
血が脈外にあふれるのを防ぐ。脾の気が担っているため、脾が弱ると出血しやすくなる。
【昇清作用】
持ち上げる作用。小腸から胸中への水穀の気や津液を上に持ち上げている。内臓や器官の下垂を防ぐ役割もある。

呼吸によって自然界の清気を取り込み、津液を全身に行き渡らせる。
【宣発作用】
気や津液、栄養分、衛気などを全身に発散・散布させる。また濁気を体外へ排出する。身体の上方や外方に作用する。
【粛降作用】
自然界の精気を気道に吸い込むのはこの作用によるもの。気や津液を上から下におろすことで排泄をコントロールする。

精を蔵し元気をもたらすほか、全身の水分代謝を調節。呼吸にも関与する。
【主水作用】
腎の納気作用により水分代謝を調節する。きれいな津液は胸中に戻され、汚れた津液は膀胱へ運搬され、腎の指令で排泄される。
【納気作用】
吸入した気を肺から腎におろす機能。「呼」は肺の宣発作用、「吸」は肺の粛降作用と腎の納気作用が行う。
【蔵精作用】
腎精(父と母から受け継いだ先天の精)の貯蔵機能のこと。腎精は骨を養い、生殖機能と発育成長を担う、生命活動のエネルギー源と考えられている。

六腑

脾とともに飲食物の消化・吸収を行い、気を全身に送り出す源となる。
受納作用、腐熟作用、和降作用が主な作用。

小腸

胃から送られてきた粥状の飲食物を清(必要なもの)と濁(不要なもの)に分ける。
受勢作用、化物作用、清濁の泌別が主な働き。

大腸

小腸から送られてきた不要物から水分を吸収し、肛門から大便を排泄する。

膀胱

肺、脾、腎、三焦の働きで全身を巡った水分が集められ、排泄される。
畜尿と排尿が主な働き。

胆汁を貯蔵、排出し、脾、胃の消化を助ける。また、決断や勇気に関与する。

三焦

飲食物を消化吸収して気・津液を全身に配布し、水分代謝を円滑にする。
水液の輸送路、体幹区分としての役割がある。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く