これからのビジネスにセールスライティングのスキルは必要不可欠

309viewspurinpurin

このエントリーをはてなブックマークに追加
セールスライティング・ハンドブック 「売れる」コピーの書き方から仕事のとり方まで

起業するときのよくある間違い

売ってはいけない商品を把握していない。収入目標を立てるベストなタイミングが分かっていない。多くの起業家は、収入目標を立てるのが早すぎて、失敗している。
起業したり独立すると、その先自分の力で何十年も食べていかなければいけない。もし今30~40代なら、この先最低でも30年~40年くらいは稼ぎ続けなければいけない。

起業する業種をあらかじめ決めてしまうリスク

どんなにいい商品でも売れるかどうか分からない

日本には何百万もの会社があり、それぞれが何百種類もの商品を売っている。 しかし、ほとんどの会社は商品が売上が伸び悩んでいる。

1つの商品に運命をかけてはいけない

ギャンブルのような起業はリスクが高い。
最初の商品が売れたとしても、それが2年後、3年後も売れ続けるという保証はない。

とにかく売れなければ話にならない

どうすれば打破できるか、それは「商品を売るスキル」「お客を集めるスキル」を身につけること。
どんなに素晴らしい商品を持っていても、接客やサポートや業務処理ができていても、商品を売ることができなければ、すべてムダになる。
そこそこの商品、イマイチな顧客サポートしかなかったとしても、商品が売れさえすればそのお金を使って商品を改善したり、優秀な人を雇って顧客サポートを強化したり、多くの問題を解決することができる。

インターネットを使って売上を上げる需要が高まってきている

セールスコピーのスキルは必要不可欠

ネットで売上を上げるために必要なのが「ウェブ・セールスコピー」で、商品の魅力をアピールして売るための文章を「セールスコピー」という。実際、セールスコピーはアメリカでは100年以上の歴史がある。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く