活性酸素の害と、それを防ぐSODの重要性

188viewstamatama

このエントリーをはてなブックマークに追加
本音で語る医療と健康―活性酸素の弊害とSODの必要性

美容や健康への関心が高い人であれば、活性酸素という言葉を目にする機会は多いのではないでしょうか。しかし、「身体によくない物質だ」ということをなんとなくわかってはいても、活性酸素がどういうものなのかを詳しく理解している人はあまり多くはないでしょう。

活性酸素が体内でどういった働きをするのか、しっかり知っておきましょう。

活性酸素とは

体内で自然に発生し身体を守る働きもある

体内で酸素を利用し代謝が行われる過程で発生します。酸素を吸う動物では必ず生成します。
さまざまな老化現象を起す原因物質として有名ですが、殺菌作用もあるので、身体を守る働きも担っています。

活性酸素の働き

体内に侵入した細菌などを攻撃する。またエネルギーを作る過程で余った水素と結合して水になり対外へ排出する。

過剰に発生すれば身体を「酸化」させ害になる

活性酸素は毒性が強く、体内の細胞を酸化させることで老化(シミ、ソバカス、しわ)やさまざまな病気(動脈硬化、糖尿病、ガン、老人性痴呆)を引き起こす原因になると言われています。

活性酸素の発生要因

紫外線、大気汚染、電磁波、たばこ、激しいスポーツ、ストレス、医薬品、排気ガス、加工食品、食品添加物、殺虫剤、X線(レントゲン)など

活性酸素から身を守るには?

人間の身体には酸化を防ぐ機能もちゃんと備わっている

抗酸化物質が活性酸素の発生を防止します。
しかし、大量に活性酸素が発生すれば対応しきれません。また、食事や生活の乱れや老化により機能は衰えてしまいます。

活性酸素から身を守るための工夫

食事に気をつけましょう。(緑黄色野菜などに含まれるビタミンC,E,βカロチン、お茶やワインなどに含まれるポリフェノール)
疲れやストレスをためない規則正しい生活をしましょう。また、活性酸素の発生原となるものをできるだけ避けましょう。

抗酸化物質の種類

SOD

スーパーオキシドジスムターゼ。初期段階で大量に発生するスーパーオキシドアニオンを除去。

カタラーゼ

過酸化水素を除去。

グルタチオン

ヒドロキシラジカルを除去。

ビタミンC,E,βカロチン

一重項酸素を除去。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く