出来事には意味はない。捉え方次第。「怒る」か、「怒らない」か決めているのは自分。

1059viewsyuutayuuta

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガでよくわかる怒らない技術

怒らない技術で人生は変わる

変えられるもの、変えられないものを見分けよう

◆他人は変えられない、自分は変えられる
◆怒りのパワーで他人を動かそうとしていた私

自分感情が怒りを生む

◆イライラした状態で聞くのと冷静に聞くのとではぜんぜん違う
◆イライラしていると、物事をネガティブに受け取りやすい

「怒るか」「怒らないか」を決めているのは自分自身

目の前の出来事にはなんの意味もない

◆「雨が降っている」という事実をどう感じるか
◆怒らされたのではなく自分で怒った
◆受け取り方次第で悪い出来事がよい出来事に

「怒るか」「怒らないか」を決めているのはあなた自身

◆怒らないという選択肢があったはず
◆まずは怒らないと決める
◆怒らないと決めるとその日から効果を感じる
◆ひとりがイライラしなくなると周囲もイライラしなくなる

人の責任にすることをやめる

◆他社に責任を求めない
◆イライラの芽が出ないように

アンガーログをとる

◆自分の怒りのパターンを知る
◆原因がわかったら対策を考える

「第一感情」と「価値観のメガネ:が怒らない技術のカギ

イライラや怒りは第二感情、まず第一感情を探す

◆イライラの第一感情は何だろう
◆怒らない技術は本質は、解決方法に焦点を当てるkとお

価値観の眼鏡をかける

◆思い込みにとらわれていはいないか
◆イライラのもとは価値観の違い
◆あなたの価値観がいつも正しいとは限らない

魔法の呪文をもつ

◆いやなことがあったら「神様が自分を試しているに違いない」
◆自分にピッタリの呪文をあらかじめ用意しておこう
◆ピンチのときには「これはちょうどいい!」と声に出して言う

怒らないと職場が元気になる

◆笑顔の人は、「一緒にいたい」と思われる
◆笑顔は人生にプラスに作用する

怒らずに気持ちが伝わる「4つのポイント」

目の前の状況がかわれがストレスはなくなる

◆「怒るのを我慢するからストレスが溜まる」のは誤解
◆上手な伝え方に必要な4つのポイント

気持ちを伝え合う大切さ

◆相手の気持ちがわからないからイライラする
◆一方通行ではなくお互いの気持ちを確認する
◆そもそも伝えられない人は褒める練習から

変えられることに焦点を当てて状況を変える

◆過去は変えられない。未来は変えられる。
◆嫌な上司がイライラの原因
◆上司の「好き・嫌い」と、「成果を上げる・上げない」は関係ない。

人生をうまくいかせる「3つのルール」

命と時間を大切にする

◆イライラや怒りは、命を縮め、時間をロスする
◆怒りによって時間を奪われていく
◆すぐに怒る人は早死する

思った通りにいかないのは楽しいこと

◆バンカーがあるからゴルフは楽しい
◆トラブルをより超えることで人生は輝く

成功できなくてもか習う成長できる

◆20代の苦労が成長につながる
◆暮らし味を乗り越えるプロセスこそ宝
◆人はプロセスによって成長する

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く